@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

トヨタ・カローラ・レビン/スプリンター・トレノ(1983)

元祖「ハチロク」

大ヒット漫画「頭文字D」の主人公、藤原拓海の愛車であったことがきっかけで、しかも最後のトヨタのプリミティブなFRスポーツということもあって、今なお高い人気を誇る「ハチロク」。現在では150〜200万円程度で取引されているだけでなく、走行距離が少なく程度の良いものであれば300万円を越える価格が付けられていることも珍しくない。ちょっとしたコレクターズ・アイテムである。

今の86、BRZのルーツにあたる「ハチロク」は、言うまでもなく4代目カローラ・レビン/スプリンター・トレノの1.6ℓのツインカム・16バルブ・モデル(これも死語に近い)に与えられた形式番号で、正しくはAE86。因みに、1.5ℓSOHCエンジンを積んだモデルもあったが、こちらはAE85(ハチゴー)という。

この「ハチロク」は、それまでのレビン/トレノに搭載されていた2T-Gユニットから、完全新設計のツインカム・ヘッドが与えられた4A-GEUをその心臓に迎えたことが大きな変更点であった。また、この80系カローラ/スプリンターからは、普通のモデルがFFになったのに対し、レビン/トレノがFR専用となったこともちょっとしたスペシャル感があったのも事実だ。

2度のマイナーチェンジでどんどん進化していった4A-GEUユニット

この4A-GEUエンジン(トヨタではレーザーα 4Aツインカム16と呼んでいた)は、当初は2000GTでタッグを組んだヤマハの血が入っているとされていた。しかし、実のところはトヨタの単独開発だった。とは言え、いにしえのパートナーシップを思い起こさせるほどに、当時の日本の自動車好きにとっては大きなニュースだった。何せ、レビン/トレノという専用ボディのために専用開発したエンジンだったからだ。

そのスペックは130ps/6600rpm、15.2kg-m/5200rpm(グロス値)と、今思えば可愛らしいものだったが、それでも当時は1.6ℓユニットとしてはトップのパフォーマンスを持っていた。また、ノーマル・アスピレーション・ツインカム16バルブという言葉の持つ響きと、7700rpmからというレッドゾーンまで一気に達する軽快な吹け上がりに感動したものだった。

実は、この「ハチロク」、2度ほどマイナーチェンジをしている。その度に、4A-GEU型エンジンのドライバビリティが向上していった記憶がある。初期の4A-GEUは、高回転は気持ち良く回ったが、その反面、低回転はスカスカという感じだったのだが、それがマイナーチェンジを繰り返す度に、あれ?こんなに低速からトルクのあるエンジンだっけ?という感覚を持ったのを覚えている。もちろん、どんな自動車メーカーでも、そんなモデルであっても、多くの場合はリリースした当初から熟成を重ねていくものだが、その度合がクルマを動かした途端に体感できるほどに変わっていたことに驚いた。もし、今、タイム・スリップして。それぞれのフェイスリフト毎のモデルを新車の状態で乗ることができたなら、きっと面白いに違いない。

とにかくコンパクトなFRであることに価値があった

このクルマの存在価値は、フロントにツインカム16バルブ・ユニットを搭載したFR駆動だったことに尽きる。サスペンションは、フロントがマクファーソン・ストラット、リアがラテラルロッドの4リンクというTE71から受け継いだ旧態依然としたレイアウトで、ハンドリング・マシンと呼ぶまでには至っていなかった。また、トランスミッションもT50型と、これは初代レビン/トレノから受け継いだものだった。ただ、ドリフトさせてもコントローラブルで楽しいクルマであったことは確かだ。

今、当時のインプレッションを読み返してみると、エンジンのことには言及しているものの、あまり足まわりやブレーキ、ステアリングというものには触れていないことが判った。正直なもので、注目はそのエンジンにしかなかったのだろう。

当時、トヨタにはFR専用スポーツ・モデルとしてセリカXXもあったが、こちらは価格が高くお手頃感がなかったことと、やはり大きいということで若者の心に響かなかったようだ。トヨタとしてはこのセリカXXの宣伝にコーリン・チャプマンを起用してスポーティ路線を前面に押し出したのだが……。また、XXでないセリカもラインアップしていたのだが、こちらもデートカー(これまた死語)として捉えられた感が強く、その後のグループBとなるなどしたものの、スポーツを強くアピールすることができなかったようだ。

手軽さ、身近さも原因で、この「ハチロク」は当時から大きな人気を博した。ボクの友人でも、ちょっとばかり裕福なヤツは新車で買って乗り回していた記憶がある。それと、当時はいざ買うとなるとレビンかトレノで迷うことはほとんどなかった。リフトバック・スタイルのトレノは、ボディ剛性が弱いということと、レビン/トレノを選ぶような硬派なヤツは、リトラクタブル・ヘッドランプといった不要な装備を望まなかったのだ。頭文字Dで藤原拓海がトレノに乗るまでは、「ハチロク」=レビンが大多数だったのだ。