進化を続ける20歳・星野陸也 憧れの選手は誰もが知るあのプレーヤー(撮影:村上航)

写真拡大

4月13日(木)から開催される「東建ホームメイトカップ」でいよいよ男子ツアーが国内開幕を迎える。1月に開催された「SMBCシンガポールオープン」で6位タイ、続く「レオパレス21ミャンマーオープン」で9位タイと2戦連続でトップ10フィニッシュ。現在賞金ランクでは日本勢最高位、しかも4月頭に開催された2部チャレンジツアーの開幕戦「Novil Cup」ではプロ初優勝を果たした注目の新鋭・星野陸也。すさまじいスピードで進化を遂げる20歳には、プロとして尊敬し憧れる存在がいる。
「嬉しすぎる」プロ初勝利を喜ぶ星野
・出会いは小学4年生のころ、圧倒的な飛距離が憧れに
そのプロの名前は石川遼。星野が初めて石川と会ったのは小学4年生のころ。「遼さんはその時中学生。たまたま茨城の試合で同組になりました。ドライバーがめちゃくちゃ飛ぶんですよね!」、330ヤードのホールで石川はその時「エッジぐらいまで持っていってました。自分は前のティだったのですが、100ヤードは残ったかと」。その飛距離が憧れの元となった。
そして再会は意外なところで訪れた。初めてのツアー参戦、高校3年生で出場した「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」。「プロの試合なら会えるかもしれないと、父とも話していたのですが」、その会場で石川と再会。「お久しぶりです、って挨拶したら覚えていてくれたんですよ!」。それから何度か練習を共にするようになり、今では同じマネジメント事務所に所属する“後輩”となった。
石川からツアーで戦う上で受けたアドバイスは「スピンコントロール」だという。まずはアプローチから、そしてアイアンショットまでアマチュアの試合にはない硬い高速グリーン対策を習った。「アマチュアの試合ではそんなにスピンをかける必要ってないんですよ。グリーンが重いから。変に止まっちゃったりするんですよ。ツアーに出たときに大事だなって感じてはいたんですけど。そこで本当にいろいろスピンのことを教わって。“大事だよ”って」。そして、高い球、低い球の打ち分けなどプロで通用するための“いろは”も教わった。
・現在の最終目的地はマスターズ
その成果は着実に表れている。強風が吹いたファイナルQTでは他を寄せ付けず7打差でトップ通過。高速グリーンのシンガポールオープンでも最終日は優勝争いに絡む活躍をみせた。「シンガポールへ行く前に“予選落ちはそんなに気にするな。行ける時に行ったほうがいい。悪い時は悪い時なりにやればいい”と言ってもらいました」。この言葉で思いっきり戦うことができたという。
「遼さんは尊敬できる存在。ゴルフはもちろんですが、話も上手いですし、優しいし」。追いかける背中があるから、星野も休まずに走ることができているのかもしれない。
いずれは「アメリカで戦いたいと思います」と、現在石川が戦うPGAツアー参戦が目標。そのためにも、まずは石川のように国内ツアーで活躍できる存在となることを目指す。「今季の目標はとりあえず1勝です。年明けに立てた目標とは全然違うんですけどね(笑)。どんどん上がってきちゃって。将来はPGAツアー行って、遼さんや松山英樹さんみたいにマスターズに出たいです。上にいけるように、世界でも。頑張りたいと思います」。その時を夢見ながら今はひたすら研鑽を続けている。

Profile
星野陸也/ほしのりくや 1996年5月12日、茨城県生まれ。身長186センチ、体重70キロ。趣味は卓球、スポーツ全般。得意クラブはドライバー。茨城のゴルフの名門校、水城高校卒業。家族は両親、姉と妹。憧れのプロは石川遼。あだ名は“リッキー”。本人曰く、「遼さんが最初につけてくれたんですが、たまにしか呼ばれません(笑)。ほかのプロからはよく呼ばれます」とのこと。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【独占インタビュー #1】突如現れた大器・星野陸也の歩んできた道
優勝絶望4パットで「かき消された」イーグル…松山英樹は10差28位に後退
ファイナルQTトップ通過の星野陸也 同事務所の石川遼も賞賛
【記者の目】ガルシア、リッキーの初メジャー制覇はなるか? 優勝を左右するのは8番ホール
松山英樹、ローリー・マキロイ、池田勇太のクラブを筒康博氏が大診断【後編】