働き女子はいつだって優しい癒しを求めている。だから、甘めでゆるめなラブストーリーをCandy BoyとSuits WOMANがプレゼンツ。今回の主人公は仕事に恋に疲れたアラサー、香澄。

厄年真っただ中と言える不運が重なっていたアラサーOLの私、湯本香澄が再就職したのはコスメを扱うECショップ「ガトーシュクレ」。社長はなんと若干22歳の大学生、奥村千晴(ちはる)さんだった!

大学生ながら大役もこなす、千晴社長。

千晴社長は語学も堪能でフランスに留学経験もあり、実家は某有名コスメブランドの会社だとか。そんな彼に認められて?なんと入社してすぐにプロジェクトリーダーに選ばれてしまった私。なぜか誕生日の夜を千晴社長と一緒に過ごすことになって以来、なんだか目が追ってしまう……。ヤバいな、私。<エピソード1はこちら>

明日は大事なプレゼン会議の日。たまたま見たテレビでやっていた、日本酒特集を見て思いついたプロジェクト。日本酒の美容効果を使ったコスメの開発。千晴社長に認められたいから、上手くいくといいな。

が、しかし、さっきから猛烈に足が痛い。「ガトーシュクレ」で働くようになってから、大人の女を演出しようと思って毎日、履いていたハイヒール。実は、慣れないヒールのせいで靴擦れができていた。朝から大事な打ち合わせがあるのに、足が痛くて歩きづらい。もう靴脱ぎたい……。

そんな時、まるでヨーロッパの街並みのような店構えのディスプレイが目に入ってきた。「la jolie rose(ラ・ジョリ・ローズ)」と名のついた店先には、映画『マリー・アントワネット』に出てきそうな可愛いパンプスや、洋服が目に入ってきた。

「こんな素敵な洋服や靴を選ぶなんて、きっとファッションセンスに敏感な女性がやっている店なのかな」

ディスプレイに飾られているパンプスが気になり見つめていると、スラっとした手足の男性が靴箱を何箱も運んでいた。こちらに気付くと、声を掛けてきてくれた。

靴箱を何箱も運んでいるこの男性の正体は?

「足が痛そうですけど、大丈夫ですか?」

品がよさそうなエプロン姿の彼は、絆創膏とハーフインソールを手にもって駆け寄ってきた。

「あっ、大丈夫です。もうすぐそこまでなので」

「いいんです。ちょっと靴を貸してもらえませんか?」

「えっ」

彼は、私のハイヒールを手に取るとインソールを中敷きに入れ、高さを調整してから渡してくれた。靴を見ている彼の眼差しは、真剣そのものだった。

「これでちょっと履いてみてくれますか?」

彼の手に掛かると、魔法のように靴が痛くなくなった。

「なに!これ。別の靴みたい!」

インソールの代金を、慌ててお財布から支払おうとすると、

「大丈夫ですよ。今度、良かったらうちの店に遊びに来てください」

靴を見つける職人のような鋭い視線からは一転、笑顔は子犬のように優しそう。靴を扱う手も指が長くてきれいな手で、まるで陶器を扱うように丁寧に靴を触ってくれた。千晴社長が、手を見ただけで相手の性格がわかるって言っていたっけ?

いつもと雰囲気が違う香澄に気付いた千晴社長!?

靴屋さんの男性のおかげで遅刻しないですんだ上に、事前準備も万端。気かがりだった新プロジェクトのプレゼンも上手くいったみたい。なんだか私、どんどん運気が上がっている?

「香澄さん、どうしたんですか?姿勢が良くなった気がしたけど、気のせいかな?」

千晴社長が話しかけてきた。

「それは多分、靴が良かったのかも」

「靴ですか?香澄さんはいつも靴が綺麗ですよね。細かいところに気が付く女性は、仕事も丁寧ですよね」

「えっ」

千晴さんが、そんなところまで見ていたなんて……ちょっと嬉しい。

今朝は、棚卸しの作業があったので、インソールを入れて貰っていたヒールの靴を脱いで、スニーカーに履き替えて作業をしていた。すると、インソールに気付いたファッショニスタの女子社員が話しかけてきた。

「その中敷き、ラ・ジョリ・ローズじゃないですか?」

「えっ?有名なの?」

「会社に来る前の交差点にある一軒家のですよね。あの店、実は伝説のカリスマシューフィッターがやっている店なんですよ」

あの人、シューフィッターだったの!?

「しかも完全予約制で、1日に接客できる人数が決まっているからこの前、里美さんが店に行って断られていましたよ」

えっ!そんなスペシャリティー溢れる店だったの!本当に私が行っても大丈夫なのかしら? 

「香澄さん、中敷きってことはラ・ジョリ・ローズに行ったんですね!羨ましい」

またしても、遠くから里美さんの突き刺さるような視線を感じた。試しに、お店の名前をネットで検索してみたら、「伝説のシューフィッター 川上雅信 予約待ちは1年」「百貨店時代は、靴売り場の売り上げを百倍に!」という文字が。

早帰りデイに、恐る恐る「ラ・ジョリ・ローズ」の前を通ってみた。すると中から川上さんが出てきてくれた。

「君は、あの時の迷える子羊ちゃんだね。靴の調子はどう?」

そういいながら、川上さんは私の頭をポンと撫でてくれた。

「靴の調子はどう?」と頭ポンポン。

「いや、今日は大丈夫です。私、予約とかしていなかったんで」

「大丈夫。今日は棚卸しだから特別に貸し切りにしますよ」

えっ!誰もいない店内に私1人で貸し切り?

カリスマ(&イケメン)シューフィッターの店を貸し切り……!? 後編につづく