無骨で「四角い」第三のランドローバー車として1989年に登場したランドローバー・ディスカバリー。ホンダ・クロスロードというOEM車もあり、その後モダンになった4代目(現行)のディスカバリー4まで、比較的スクエアでランドローバーらしいフォルムをまとっていました。

5代目となる新型「DISCOVERY(ディスカバリー)」は、最近のレンジローバー、ランドローバー各モデルと同様に、角の取れたスタイリッシュなエクステリアが目を惹きます。

また、今回の導入限定車が1000万円を超える価格で、そこから考えてもディスカバリー・スポーツの2クラス上くらいの印象を受けます。

約7年半ぶりのフルモデルチェンジにより、ボディの85%にジャガー・ランドローバーが得意とするアルミニウムを使った軽量モノコック車体構造を採用。先代と比較して最大360kgもの軽量化を果たしたというから驚きです。

搭載されるエンジンは、ガソリンの3.0L V6スーパーチャージャー(340ps/450Nm)と、ディーゼルターボの3.0L V6(258ps/600Nm)で、ともに8ATとの組み合わせ。

足まわりは、最新のクロスリンク式電子制御エアサスペンションシステムを採用し、2段階のオフロードモードにより悪路走行に万全の対応がされているほか、シートベルトを外すと車高が15mm低くなり、ドアを開けるとさらに25mm低くなるランドローバー独自の自動車高調整機能も用意されています。

この電子制御エアサスペンションは、50km/h以下で過酷なオフロードを走行したり、川を渡ったりする際は車高が75mm上昇。

50〜80km/hで轍がついた荒れた路面等を走行する場合は、車高が40mm上昇。また、105km/h以上でのオンロード走行時は、自動的に車高が13mm低くなり、車両が受けるドラッグを2%軽減。

また、DISCOVERYシリーズでは初採用となる、独自のテレイン・レスポンス機能を強化した「テレイン・レスポンス2オート」や、電動インナーテールゲート、ランドローバー初採用となるウォータープルーフ仕様、耐衝撃のリストバンド型アクティビティキーといった最新機能も多数用意されています。

ファミリーユースも想定した新型ディスカバリーにはほかにも多くの特徴があります。「インテリジェント・シート・フォールド」もその1つで、フルサイズ7シートは、荷室のスイッチまたはタッチスクリーンで、2列目と3列目のシートの折りたたみができる機能。

車両から離れていても専用スマホ・アプリから遠隔操作でシート設定をすることが可能で、荷室容量を258Lから最大2406Lまで拡大が可能。7人乗りの状態から2人乗りの状態に折りたたんでラゲッジを最大化するまでにかかる時間は14秒だそうです。肝心のキャビンスペースは、2列目シートで954mm、3列目シートでも851mmのレッグスペースが確保され、大人7人の乗車に対応するとしています。

インパネでは、タッチ操作が可能な10.2インチのインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を搭載。通信機能により、急病時などに天井のボタンを押すことでオペレーターと会話ができたり、アプリを介して車両位置情報やトリップデータ、ドアやウィンドウの開閉状況の確認ができたりします。

気になる価格は、ガソリンエンジンの「ナミブオレンジ」が1031万7000円、「シリコンシルバー」と「ファラロンブラック」が1045万7000円。ディーゼルターボの「シリコンシルバー」と「ファラロンブラック」が1044万7000円、「ナミブオレンジ」が1051万7000円です。

新型ディスカバリーの導入記念車は30台限定で、2017年4月5日(水)〜4月17日(月)23:59までの抽選販売となっています。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

「DISCOVERY FIRST EDITION」抽選販売方法
http://www.landrover.co.jp/vehicles/discovery/discovery_presale.html

新型ディスカバリーのデビュー記念車「DISCOVERY FIRST EDITION」が限定30台で登場(http://clicccar.com/2017/04/09/460679/)