左から本郷奏多、ピカチュウ、佐藤栞里 (C) Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  (C) Pokemon (C) 2017 ピカチュウプロジェクト

写真拡大

今夏公開となるポケモン映画20周年記念作品『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』のゲスト声優として、本郷奏多、佐藤栞里、古田新太が出演していることがわかり、第2弾予告映像も解禁となった。

来夏公開のポケモン映画は、ここ数年のシリーズとは一線を画したタイトル!

今年4月1日にテレビアニメの初回放送から20年を迎えた同シリーズ。3月に解禁した本作の第1弾予告映像がYouTubeで早くも300万回再生に達するなど、ポケモン大好きな子どものみならず、かつての「ポケモン映画経験者」など幅広い年齢層から期待が寄せられている。そうした中、今回の映画では、20年前に放送されたアニメ初回のラストで、サトシとピカチュウが目にした伝説のポケモン・ホウオウ。「いつか、一緒にあいつに会いに行こうぜ!」と2人が誓った約束の続きが、完全オリジナルストーリーで描かれていく。

そんな話題作でゲスト声優をつとめるのが前述の3人。本郷がサトシがともに旅をする仲間で、ポケモン博士を目指すトレーナーの少年ソウジ役。佐藤がもう1人の仲間で、元気いっぱいで男勝りなトレーナーの少女マコト役。古田が長年に渡りホウオウの研究をしている謎の老人ボンジイを演じる。

さらに、ポケモンセンターで旅人を出迎えるジョーイ役を、ポケモン映画に11年連続出演の中川翔子。今年の映画で初めてその姿を見せた、サトシの影に突如現れた謎のポケモン・マーシャドー役を、20年連続出演の山寺宏一が演じ、20周年記念作を盛り上げる。

本作出演にソウジ役の本郷は「子どもの頃から大好きなポケモン映画への出演オファーを頂けてメチャクチャ嬉しいです!しかも子どもたちだけでなく、僕と同じようにポケモンに熱狂してきた世代の人たちも楽しむことができる、記念すべき20作目への出演ということで光栄です。映画を見終わった後にソウジを好きになってもらえるよう、気合いを入れて頑張ります!」とコメント。

マコト役の佐藤は「劇場版1作目を映画館に見に行ったのを覚えています。そのポケモン映画にゲスト声優として出演できるなんて夢のようです!しかも今年の映画は、小さい頃にテレビで見た、サトシとピカチュウの出会いから始まる物語…。もしかしたら大人の私よりも精神年齢の高いマコト役を頑張って演じさせて頂きます」と話している。

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は7月15日より全国公開となる。