自分のいないところで「あの人、空気が読めないよね」なんて言われていたら、かなりショックじゃないですか? でも空気が読めていないことなんて、本人に注意しにくいもの……。
そこで今回は空気が読めない人にありがちなことを紹介。これをしちゃうと知らないところで「空気読めない人」というレッテルを貼られちゃうかも。

話を遮って自分の話をはじめる

たまーにいますよね、人が話しているのに「ところで……」と勝手に話題を変えて自分の話に持っていく人……。つまらない人の話を聞いているのが苦痛だからといって、話を遮って自分の話をはじめちゃうと、みんな「え!?」ってなるし、空気が読めない人なんだなと思われるので、自分の話をしたいならまず人の話は最後まで聞いてからにしましょう。

人の話を聞いていない

集中力がないのか注意力が散漫なのか、人の話をちゃんと聞いておらず、いざというときに必ず誰かに「これどうやってやるんだっけ?」「どうすればいいの?」となんでも聞く面倒くさい人も、空気が読めないと思われがちかも。
優しい人は親切に教えてくれるでしょうが、ちゃんと聞いていた人のほとんどから(なんで毎回聞いてないの……?)と冷ややかな目で見られてしまうかも。

TPOに合わせた格好ができない

キャンプなのにヒールの高い靴を履いてきたり、結婚式なのに、花嫁よりも目立つ格好できたり、お葬式なのに濃いメイクにミニスカで参列したりと空気が読めないというよりTPOに合わせた格好ができない人は、一緒にいる人に恥ずかしい思いをさせてしまうだけでなく、まわりに不快な思いをさせてしまうので要注意。

協調性がない・集団行動が苦手

人が困っているのに手伝わない、みんなが仕事で大変なときや、飲み会などで盛り上がっているときにひとりシレッと帰る、どこかに消えてしまうなどの協調性のない行動は度がすぎると迷惑にもなるので自制した方がいいかも。

人が気にしていることを平気で言う

人の言わないでほしいことを人前で平気で言ってしまう爆弾のような子は、空気が読めないと思われるうえに、一緒にいるのが怖いから距離を置かれがち……。気にしていること、秘密にしてほしいことなどを察知する能力が低いと、人付気合いで支障をきたしちゃうかも。

マイペースすぎ

デートや会議など決められた時間に毎回遅刻する、本気で怒られているのに笑いながら「スイマセーン」で済ませるマイペースすぎる行動は人に迷惑をかけます……。すべて人のペースに合わせることはないけど、まったく合わせようとしないのもダメです……。