sora tob sakanaの風間玲マライカ、神崎風花、寺口夏花、山崎愛が、4月11日(火)発売のミニアルバム『cocoon ep』の聴きどころなどを語ってくれた

写真拡大

アイドルグループ・sora tob sakanaが4月11日(火)、ミニアルバム『cocoon ep』をリリースする。

【写真を見る】じゃれ合うオサカナ

そこで、メンバーの風間玲マライカ、神崎風花、寺口夏花、山崎愛に『cocoon ep』の聴きどころなどを聞いた。

■ sora tob sakanaの『cocoon ep』解説

――'16年7月の1stアルバム『sora tob sakana』以来のリリースとなりますが、『cocoon ep』はどんな作品ですか?

風間:『sora tob sakana』はサカナが今どういう曲をやってるのか、ライブでどういう事をやってるのかが見えるアルバムだったと思うんですけど、今回の『cocoon ep』は感動してもらえるような曲が集まっています。全部いい曲です!

神崎:今回の『cocoon ep』はジャケット写真がすごく格好いいです。ジャケットは自分たちの写真だと思ってたんですけど、今回はイラストって聞いたので期待していました。実際に見た時は期待以上で、いい意味で期待を裏切られました。絵の中にもすごいたくさんの物語が描かれているので、そういうところに注目してほしいなと思います。

風間:近未来って言われました。

――では、収録曲を1曲ずつ紹介していただけますか?

寺口:「ribbon」は個人的に、今までで1番難しい曲でした。リズムとかもすごい細かくて難しかったから、ライブでできるか不安なんですよね。6拍子で今までと違う感じなんですけど、この曲で成長できたのかなって思います。歌詞もジャケットのイメージに合っていて、すごくいいなと思います。

風間:歌詞の最初が「耳をすましたら聞こえる」で、最後も「耳をすましたら聞こえる」になっています。こういう構成をやったことがなくて、これでMVが作られたらループしてずっと聞いてられるんじゃないかなって思います。

風間:「タイムマシンにさよなら」は、テクノっぽさがある曲です。サカナでそういう曲がなかったから。結構いい感じのアップテンポで、ライブでもノれるし。楽しいよね?

神崎:ダンスが対っていうか、双子ダンスっていうか。振付師さんに「今のサカナは双子ダンスをやったらいいんじゃない?」って言われて、2人ずつで双子ダンスをやったり…やってないけど(笑)。

寺口:イメージが双子ダンスっていうか。

山崎:共同作業?

神崎:共同作業ですね(笑)。

風間:結構面白い振りもあって、可愛いと思います。ダンスの終わり方に注目してほしいです。

神崎:「夢の盗賊」は歌詞がすごく好きで、レコーディングした時にプロデューサーの照井(順政)さんに歌詞の意味を聞いたら、すごく深いっていうか、「あっ、こういう物語があったんだな」って思って。今までライブでは普通に歌ってたんですけど、そういう物語があるって知って、ちゃんと考えて歌ったらもっといいものが見せられたっていうか。だから、「夢の盗賊」は好きです。ダンスも好きなんですけど、特に歌詞が好きで、ライブとかでもやり始めたので聞いてほしいなって思います。

山崎:「tokyo sinewave」は、まだ私もそんなに分かってないんですけど(笑)、「魔法の言葉」(『sora tob sakana』収録曲)に続くソロパートしかない曲で、個性が出ると思います。雰囲気が独特で、表現するのもイントロもつかむのも難しくて…いい曲です!

風間:ライブでこの曲を初めて聞いたら、「何これ!?」みたいなインパクトがあります。「広告の街」(『sora tob sakana』収録曲)と同じくらい驚くかなと思います。

山崎:歌う方も難しいんですけど、聞くのも少し難しいのかなと思います。だけど、たくさん聞いてほしいです!

風間:「透明な怪物」は、最初から最後まで合唱になっています。みんなソロがなくてユニゾンで歌うんですけど、この曲も物語がちゃんと作られてて、すごい感動する曲。ライブの振り付けで手話の部分があって、その振りが歌といい感じに合わさっていて、ライブで見てて感動してもらえる空気を作れたらなと思っています。

寺口:「夜間飛行」は、曲が進むにつれてテンションが上がっていく感じかなって思います。

風間:本当に夜間飛行をしてるみたいな感じ。「ラララ〜」っていう歌詞の部分で、ファンの方と一緒に歌えたりして。そういうのも、今まではなかったからね。「ラララ〜」を順番に歌っていくんですけど、違う歌詞を歌ってる時に「ラララ〜」って重なってきて、それも面白いなって。合唱に近いですかね。

■ 『sora tob sakana』からの成長は?

――では、『cocoon ep』全体を見た時に、どんな部分に注目してほしいですか?

風間:歌詞に注目してほしいよね。辛い事とかあった時に聞くと、いいんじゃないかなと思います。いろんな時に聞いてもいいと思います。元気が出る感じの1枚です。

――『sora tob sakana』からの成長を感じられた点はありますか?

風間:歌が上手くなった!

山崎:照井さんは褒めてくれるよね。

風間:歌が前より成長して、聞き取りやすくなったと思うし、感情もその分入ってるんじゃないのかなって思います。

山崎:演じる側の話なんですけど、歌の読み取りで前は何拍子とかが気になってたんですけど、前よりは分かってきたんじゃないかなって思います。

神崎:新衣装なんですけど、髪飾りが着けられるようになりました! 前は着けられなかったんですよ。

■ 全曲バンド公演への思いとは!?

――『cocoon ep』リリース直後の4月30日(日)には、初となる全曲バンド公演「月面の音楽隊」(東京・恵比寿LIQUIDROOM)が待ってますね。

風間:最初から最後まで感動モノですよ。

――全曲バンドということで、やる側として普段との違いって何かありますか?

風間:音が音源とは違う部分がたくさんあるから、リハとかで確認しないと難しいかなとは思いますけど、今までに何曲か生バンドでやってきたんですよ。その時がすごい楽しかったから、全曲バンド編成のライブは絶対それ以上に楽しいんじゃないかなって思います。楽しさが倍なんじゃないかなって。

山崎:自分のモチベーションも上がるし、音楽の雰囲気で自分たちが格好良くなれる気がします。格好良くなります!(笑)

――今回のライブで、やってみたい事ってありますか?

風間:できるか分からないけど、バンドの人と「イェイ!」みたいなのをやりたいです。今回、出演していただくバンドの方がすごいんですよ。プロデューサーの照井さんをはじめ、すごい豪華な方々にやっていただくので、楽しそうだし、絶対盛り上がると思うし、本当に楽しみです!

山崎:バンドの人たちも感動させたくない?

風間:そうだね、「サカナ、すごい!」みたいな。会場にいるみんなに「サカナ、すごい」みたいに思ってもらいたいです。

――バンドの方々にも、「またサカナのライブに出たい」って思ってもらいたいですね。

一同:うん、言われたい!

神崎:あと、普通に遊びにきてもらいたい。

風間:ライブに? いいね!

――あと、「ギター、誰々ー!」っていうバンド紹介とかも。

風間:あっ、あれヤバイですよね。本当に楽しみです!

寺口:それ、ヤバイ。

山崎:格好いい。

風間:照井さんは想像できるよね? こんな事(変なポーズ)やってそう(笑)。

寺口:やるね(笑)。

――やる側も、見る側も楽しいライブになりそうですね。

風間:絶対に楽しいです。

【sora tob sakana・まなちゃん「元気ですか?『coccon ep』聴いて、ライブ来てください」 へ続く。同記事は4月10日(月)朝6時配信予定】