クルマ好きも愛犬家もアウトドア好きも楽しめる

一般社団法人「日本オートキャンプ協会」が主催している「OUTDOOR DAY JAPAN」が2017年4月8日と9日に東京都の代々木公園で開催。「OUTDOOR DAY JAPAN」は身近にアウトドを楽しむアイテムやクルマの展示を行っている。

そんなイベント会場で気になったクルマをお届けしたい。

【ホンダ】

ホンダブースではFREED+の車中泊バージョン/ステップワゴン モデューロX Dogバージョン/ヴェゼル ハイブリットの3台を展示。なかでもステップワゴン モデューロXはワンコ目線のアイテムを装着し、多くの人が足を止めていた。

愛犬のトリミングや少し離れた公園に散歩を連れ出したいとき、毎回ゲージに入れたりそのまま乗せるのも抵抗がある、という方に嬉しいアイテムがホンダアクセスから発売されている。助手席にも取り付けられる「ペットシートプラスわん」は超小型犬2匹か小型犬1匹が入れる。衝突時のエアバックを飛び出しを考慮し丸くアーチ型になっている。

小型・中型犬用の「ペットシートサークル」は前席と後席を利用し、ひろびろ空間を提供。床面に板が入っており25Kgのワンコも乗れる。気になる匂いも、取り外しが簡単なため洗濯ができるため安心だ。

また30Kgの大きなワンコには後部座席の足もとのスペースを活用した「ペットフロアクッション」がある。低反発ウレタン素材を使用し、下からの振動を抑えことができるアイテムだ。取り外すと外出先で、ワンコのベッドになる点も嬉しい。

【スバル】

スバルからは2017年4月6日に発売されたばかりの新型XVを始め、フォレスター/レガシィ・アウトバックを展示。さらにレヴォーグを使用したプリクラッシュブレーキ体験を実施。絶えず人が集まっていた。

大人気のSUVであるXVは、欧州仕様は2リッター水平対向4気筒のみだが、日本仕様は1.6リッターと2リッターモデルをラインアップしている。インプレッサ譲りの軽快な走りと安全性能に多く人がすでにディーラーを訪れているという。

ブース前に立っていた女性は「排気量の小さい1.6リッターモデルでも走りは本当に楽しいクルマなので、注目してほしいです!」と自信満々に応えてくれた。

三菱デリカD:5の45度登坂体験でディーゼルのトルクを実感

【三菱自動車】

三菱自動車はデリカD:5の走破性を多感する「4WD登坂キット同乗体験」を実施。取材班も実際に体験させてもらうことに。まずは傾斜のついた障害物を乗り越える。接地タイヤが2輪になってもトラクションがかかり前進していく。

さらにCMで話題となった45度の登坂は手に汗を握る思いをするのかと思いきや、低速のままドンドンと登っていく。他の車種でも勢いがあり、フロントバンパーが地面を擦らなければ登っていくそうだ。

だがデリカD:5の搭載するディーゼルエンジンは、1500回転から最大トルクを発揮し、ガソリンモデル(CVT)にない6速ATのおかげでドンドン登っていく。恐怖感が上に登るにつれて安心感へと変わっていくのが不思議だった。まだ体験していない方はぜひチャレンジしてほしい。

【FLEX】

トヨタ・ランドクルーザーやハイエースなどをリノベーションしているFLEXは3台を展示。FLEXは4月7日に「Renoca(リノカ)」を立ち上げた。これは古くからあるものを大切にし自分らしさをカスタマイズし、一生乗りたい、ずっと愛せるクルマに育てていくリノベーションカーを「Renoca」と名付けたものだ。

Renocaハイエースコーストラインは現行モデルの200系を80年代のアメリカンバンをモチーフに仕上げている。現行型ながら角目4灯フェイスキットを採用したことにより、どこか懐かしい個性を表現した。

95プラドカラーボムは新色を展示。思わずサーフボード積んで海へ行きたくなるような気持ちになるのはクルマのキャラクターだけではないだろう。リフトアップされたボディにオーバーフェンダーが目を引く。

カリフォルニアブルーにウッドパネルを採用しクラシカル調になった95プラド。ボタンダウンモケットにレザーを取り入れたシートにより、アメリカンスタイルを違和感なく表現している。

【画像ギャラリー】