photo by Daniel lobo via flickr(CC BY 2.0)

写真拡大

 フォーブスの世界長者番付2017年度の4位にランキングされたZARAの創業者アマンシオ・オルテガは2001年に慈善活動の一貫としてアマンシオ・オルテガ財団を創設した。その趣旨は社会奉仕と教育向上である。

 社会奉仕の中では特に医療支援に力を入れている。ガンについての早期発見や治療を目的として最新の医療機器の病院での設置を目的とした寄付などを行っている。また、教育分野においては米国とカナダに毎年500人の学生を両国の高校で1年間の留学を実施している。また、幼稚園の建設そして教師の向上プログラムなどもある。

 この財団が医療支援として、3月29日にスペイン全国の病院などでの医療機器の設備改善を目的として<3億2000万ユーロ(384億円)を寄付する>ことを公にした。この資金をもとに最新のCT装置を含めた放射線治療機器装置290台を購入できるようにするためである。それを各自治州の病院に事前に取り決められた必要台数配に基づいて配備するというものである。(参照:「El Pais」)

 スペイン放射線腫瘍学会(SEOR)はガン治療において欧州連合が推奨している医療設備の最低限の水準を満たすには<70台の放射線医療機器装置が不足している>というのは1年前から指摘されていた。しかも、<現存の42%の医療装置は10年以上も前のもので、最新のものに取り換えることも必要とされている>という状態であった。(参照:「El Mundo」)

 そんな状況下でこの寄付が発表された後、SEORのカルロス・フェレール会長は<「この投資は危機的状態から抜け出る為の助けになる」>とエウロパ・プレス通信の取材に答え、<「ガン患者の6割は放射線治療が必要とされるのを考えると、現状の医療設備では中期的に見ると設備不足が深刻な状態になることが分かっていた。この新しい医療装置による治療によって4割の患者が回復するようになる」>と述べて、オルテガ財団の寄付に喜びを隠せないでいたという。

 SEORの報告書によると、昨年3人に一人の割合でおよそ<45000人の患者が放射線治療装置の不足で放射線治療を受けられないでいる>という現状を改善できることになる。

◆スペイン医療を支えるオルテガ

 同じく、エウロパ・プレス通信が公表したSEORの調査データーによると、スペインには現在180台の放射線治療装置があり、<100万人当たり3.9人>がその治療対象者という割り当てになるという。その割合は<14万人にひとり>という欧州連合が推奨している水準に比べ遥かに劣っているということである。

 今回のオルテガ財団による寄付で290台の放射線治療装置が加えられることは、不足が指摘されている70台と既に存在している装置の4割を最新のものに交換する必要があるということを考慮すると、スペインの放射線治療は可成り改善されることになる。更に、まだこの装置のない病院にも新しく設置できるようになる。しかも、メンテナンスや装置の操作習得の為の付随費用も財団が負担することになっている。

 スペインでは<毎年20万人がガン患者として診断されている>ことから、今回のオルテガ財団の決定はスペインの医療改善に大いに貢献することになる。(参照:「La Voz de Galicia」)

 アマンシオ・オルテガ財団は今回が初めての医療設備改善の為の寄付ではない。ZARAが誕生したガリシア州の病院には16台のマモグラフィー検査設置と2台の放射線治療装置の購入に1700万ユーロ(20億4000万円)を2015年に寄付している。また、昨年はアンダルシア州にも同様の目的で25台の放射線治療装置と2台のTACなどを州政府が購入できるために4000万ユーロ(48億円)を寄付している。

 アマンシオ・オルテガの慈善活動の支えになっているZARAを含めインディテックスの業績は好調である。昨年度の年商は233億1100万ユーロ(2兆8000億円)、経常利益31億5700万ユーロ(3790億円)を上げている。

 アマンシオ・オルテガは59.2%の株主で、その配当金は12億5600万ユーロ(1500億円)となっている。1975年にガリシア地方で1店舗から始めたファストファッション事業が、その利益を創業者の財団を通して社会に還元しているのである。

<文/白石和幸 photo by Daniel lobo via flickr(CC BY 2.0) >
しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営する生活。バレンシアには領事館がないため、緊急時などはバルセロナの日本総領事館の代理業務もこなす。