4月13日までニュージーランドで行なわれている日本陸上競技連盟のマラソン合宿。今回が初参加となる鈴木健吾(神奈川大4年)は、神野大地(コニカミノルタ)らと共に汗を流している。


青学大の一色恭志らを引き離し、箱根2区で区間賞を獲得した鈴木 鈴木は今年の箱根駅伝2区で区間賞を獲得し、4年生になった今季は学生長距離界のエースとしても期待されている。多くの陸上関係者が「マラソンに向いている」と注目する選手だ。

 来年の箱根駅伝の後でマラソンに初挑戦する予定の鈴木は、「短い距離より長い距離のほうが得意だなというのはありますが、マラソンに向いているかどうかはまだ走ったこともないからわからない。一度走って結果を残してから、『マラソンに向いている』と言われるようになれば嬉しいですが、今はそう言われても別に嬉しくはないです」と、照れくさそうに話す。

 控え目な性格の鈴木が現在掲げている目標は、今年8月に台湾・台北で開催されるユニバーシアードのハーフマラソンで優勝することだ。ユニバーシアードを目指すことを決意したのは、鈴木がまだ2年生の時。2015年のユニバーシアード(韓国・光州)でコーチを務めた神奈川大陸上競技部の大後栄治監督が「自分の大学の選手と行きたかった」と帰国後に語り、大会で経験してきたさまざまなエピソードを話してくれたのがきっかけだった。

「その時までは『走ってみたいな』くらいしか思っていなかったんですが、監督と話をしたことで、そういう舞台に出たいという想いが強くなったんです。そこで、4年時のユニバーシアード出場を目標に、その選考会となる同年3月の日本学生ハーフで結果を残すために練習を積むようになりました」

 2年時の箱根駅伝が、鈴木をさらに奮い立たせることになる。当時、神奈川大の主力は4年の我那覇和真(現・日清食品グループ)と西山凌平(現・トヨタ紡織)の2選手だった。その2人が1区と5区を担当し、鈴木は2区を任されたのだが、15位で襷(たすき)を受けた順位をひとつも上げられず、区間14位の凡走に終わった。

「当時は、我那覇さんや西山さんについていくだけで、自分で考えながら練習することができていませんでした。2区に起用されるプレッシャーや『勝負できないのではないか』といった半信半疑な気持ちもあって、かすりもしないような走りしかできず……。トップ選手との力の差を見せつけられた悔しさが、さらに練習に打ち込む原動力になったと思います」

 鈴木はエリートランナーとして育ってきたわけではない。宇和島東高校時代の5000mのベストタイムは、2013年の高校ランキングで89位(14分25秒64)。インターハイ決勝には進出したものの10位で終わり、1500mは予選落ちした。3年時には全国高校駅伝にも出場したが、1区を走って区間21位と、特別目立つ存在ではなかった。

 神奈川大に入学したのも、「テレビで見ていた箱根駅伝に出たい」という理由のみで、陸上も大学までで辞めるつもりだったという。1年生にして全日本大学駅伝や箱根駅伝に出場を果たしたが、満足する結果は出せず、「大学の厳しさを見せつけられて、すごいところへ来てしまったな」と思うだけだった。

 しかし2年生になると、1万mで28分台を記録。大後監督の話と箱根の悔しさが鈴木の気持ちに火をつけ、2年時に出場した3月の日本学生ハーフでは、あまり調子はよくない中で3位(1時間03分08秒)に入った。

「あのレースは、最後に競り負けてトップに1秒差の3位だったんですが、強い選手はあまり出ていなくて、タイムもそれほどよくありませんでした。でも、その後から練習の質を上げて、3年生になって関東インカレの1万mで3位に入り、全日本大学駅伝予選では留学生に最後までついていけるレースができたのは収穫でした。

 7月のホクレンディスタンスチャレンジでも1万mを28分30秒16の自己ベストで走れて、試合ごとに『強い選手たちに触れられるくらいの力がついてきたかな』と感じられるようになりました」

 昨年10月の箱根駅伝予選会で日本人トップ(58分43秒)の3位になった時も、鈴木は「20kmのレースで結果を出せたのはよかった」と冷静に振り返るだけだった。特別なことはせずに練習をコツコツ積み上げ、自信もコツコツ積み上げてきた。それが、今年の箱根のエース区間での快挙にもつながっても、「まさか区間賞を獲れるとは思っていなかった」と、喜び方は控え目だ。

「それまでは、どちらかというと挑戦していく立場でしたが、箱根で区間賞を獲ったので、3月のユニバーシアード選考会の学生ハーフでは他の選手から意識される立場に変わりました。いつもなら緊張はしても最終的には挑戦していく楽しみな気持ちに持っていけたのが、今回は絶対に勝たなければいけなかったですし、やっぱり緊張感が違いましたね」


鈴かな口調でインタビューに答える鈴木 今年の箱根駅伝が終わってからメディアに取り上げられる回数が増えた。もともと目立つのは得意ではなかったが、その回数が増えるごとに、「自分自身に満足しているのではないか?」と疑念がわき、「学生ハーフで結果を出せなかったらどうしよう」という不安も湧いてきたという。2月の合宿では、「もっと上に行かなければ」という気持ちから、走りすぎて足に痛みが出てしまったという。

「8泊9日の合宿でしたが、知らず知らずのうちに走りすぎていて、終わってから一気に疲れが出てしまいました。欲が出てきたというのもあると思います。でも、最後の1週間で調子を上げられたのはよかったです」

 3月5日の学生ハーフで意識したのは、代表入りが決定する3位以内での入賞だけだ。「最後のスプリント力がないから、15〜18kmまでには3人に絞りたい」と考えていたが、そのために必要なのは、10kmを約29分で走り切ること。最初の5kmが14分30〜35秒以上なら自分が引っ張ろうと考えていたが、同学年の工藤有生(駒沢大学)が最初の5kmを14分25秒と引っ張ったことで流れに乗れた。

 5kmを過ぎてからは工藤のペースも落ち着き、鈴木と共に周囲の様子を見ながらの走りとなる。10km通過時点では29分08秒とほぼ想定通り。11kmから少し集団をかわして人数を5人ほどに絞ると、13kmで鈴木が仕掛けた。

 他の選手を引き離し、15km通過時点では、2位の工藤に6秒差をつける。その後もしっかり14分台のペースを維持し、想定していたタイムより10秒以上速い1時間01分36秒で、2位の工藤に39秒差をつけて優勝した。

「後半には自信があったので、15kmくらいから勝負を仕掛けてレースを動かしたら勝てるかなと思っていました。自分が勝ちやすい展開に持っていけたのがよかったです。でも、15〜20kmのタイムがその前の5kmより7秒落ちたし、最後ゴールまでの1kmも3分15秒かかったのは悔しいですね。さらに上を目指すとなったら、あのペースでもついてくる選手はいると思うので。

 練習でも、後半のペースを1本目より2本目、2本目より3本目で上げることは、監督からも口を酸っぱく言われています。なので、本番でタイムを落としてしまったことは課題です。ただ、自分が目標にしている舞台の出場権がかかっていて、『勝たなきゃいけない』という状況の中で優勝できたのは自信になりました」

 出場権を手にした鈴木の次なる目標は、8月下旬のユニバーシアードでの優勝。日本チームはメダル獲得を必須目標としており、団体との2冠獲得も狙っている。その約1ヵ月前のホクレンディスタンスに出場する予定の鈴木は、ここで1万mの自己記録更新を狙う。

 さらにその先には、最後の箱根駅伝2区で日本人最高記録(99年に順天堂大学の三代直樹が記録した1時間06分46秒)を更新するという目標もある。あくまでマラソン挑戦は、それを果たした後にあるものだ。

「マラソンも、本気で挑戦したいと思ったのは、去年の東京マラソンで同学年の下田裕太(青学大)が結果を出してからですね。でも、東京五輪は、まだ経験が少ないから『狙えたらいいな』くらいに考えています。心の底では狙いたい気持ちもあるけど、まだマラソンを一回も走っていないですし、マラソン練習を本格的にやっているわけでもないのに『東京五輪に出る』と言える立場ではないと思っているので」

 ユニバーシアードが終わったら、マラソンの練習を少しずつ始めながら駅伝のレースをこなしていくという。しっかりマラソンの練習に切り換えるのは、箱根が終わってから。初マラソンでの鈴木の目標は、下田が2016年の東京で記録した2時間11分台を上回る、10分台で走ることだ。

「今は、『東京五輪を狙う』『日本記録を狙う』と言わされてしまっている部分もあると思います。でも、マラソンはやってみなければわからないと思うし、初めての時はマラソンの厳しさを味わうくらいの心持ちでいいかなと思います。地元開催の五輪だからチャンスがあればとは思うけど、マラソンは経験がものをいう競技でしょうし、やはり東京の次の五輪が現実的かなと。それに向かってコツコツやっていくだけですね」

 現役選手では、コンスタントに結果を出している川内優輝の走りを絶賛する鈴木。冷静に足元を見ながら挑戦していこうとしている姿勢もまた、彼がマラソン向きだと評価されるゆえんだろう。

■陸上 記事一覧>>