マルメ市

写真拡大

 私は3月、3週間ほどスウェーデンの移民都市マルメに滞在していた。スウェーデンで3番目に人口の多いマルメ市は、人口の3分の1が海外生まれの移民の町だ。トランプ米大統領が2月18日の演説内で「スウェーデンで昨夜起きたこと」と発言し、同国元首相が「なんのことを言っているのか。悪いものでも飲んだのか」と直ちに反論する場面があった。その2日後、ストックホルム郊外の移民の多いリンケビーで暴動が起きた。

 マルメは、10年近く前に移民居住地域で暴動が起こり、「あの治安の良いスウェーデンで」と欧州中の人を驚かせた。よって、今回のトランプ発言は、“マルメっ子”にとってもホットな話題になっている。

 トランプ大統領が演説の前日に見たというFOXテレビの番組では、スウェーデンが多くの難民を受け入れたので犯罪率が上がったと指摘しており、難民受け入れはスウェーデン国内でも真剣な議論になっている。

 スウェーデンは、EU諸国のなかではドイツに次いで2番目に多くの難民を受け入れており、人口1人当たりの難民申請者受け入れ数が欧州で最も多かった。2014年〜15年で、24万人がスウェーデンで難民申請をした。スウェーデンの人口は1000万人にすぎないので、日本で同じ人口比なら一年で約100万人の難民を一旦は入国させたことに相当する。100万人というと、秋田県、香川県の人口と同じくらいだ。日本人には想像しがたい巨大な人数だ。

 欧州の人々も、豊かで安定した高福祉社会を実現しているスウェーデンが積極的に大量の難民を受け入れて、この先どうなるのか注視している。

●マルメは、移民を上手に受け入れた都市?

 マルメ市民の話を直接聞いた私の結論を最初に言えば、マルメは「移民がアキレス腱になっている」というよりも、これまでのところは、移民の受け入れを苦労しながらも比較的うまくやってきた街といえるだろう。英BBCも3月7日にマルメについて好意的に詳しく報じている。

 OECD(経済協力開発機構)の報告では、マルメを世界で4番目に創造的な街としている。オランダのアイントホーフェン、アメリカのサンディエゴ、サンフランシスコに次ぐという。多様性があって、英語が通じて、新規の起業が多い。

 ベンチャーの起業も盛んに行われている。スカンジナビア半島で16年にスタートアップ企業が集めた資金が、最も多かった。世界で一日9700万人がプレイするというゲーム「キャンディークラッシュ」を開発したキングも、ゲーム「ディビジョン」のプロデュースをしたマッシヴ・エンターテイメントもマルメの企業だ。
 
 マルメの隣のルンド市では、1666年創立の名門ルンド大学が、産学共同で新規事業を支援しており、マルメにも先端技術の情報と人材が流れてくる。マルメの運営する起業支援の施設・サービスも充実している。学生がアイデアレベルで起業を相談できるところもあるし、最先端のベンチャー企業が格安でシェアオフィスを利用できる新築のきれいなビルもある。

 そのうちのひとつに訪れてみると、欧州各地の人が参加している新規事業のワークショップをやっていた。そこでは、チームで考えた新しい事業が消費者のニーズをつかんでいるか、街に出てインタビューしていた。

 こんな課題は、マルメだからできることだろう。さまざまな人種、文化の人が街中を歩いている。そのほぼすべての人が英語を話せる。そして、治安がよいので、見知らぬ外国人がインタビューしても事件に巻き込まれない。

●教育と多様性

 スウェーデンでは、移民にさまざまな教育の機会を与えている。学校教育は無料だし、学校に行く子供を持つ家庭には、政府から助成金が支払われる。その助成金の毎月の額に合わせて、音楽や運動などを教える民間事業者が豊富にある。

 マルメ近郊在住の日本人の方も、スウェーデンに来てすぐSFI(移民のためのスウェーデン語プログラム)でスウェーデン語を、もちろん無料で勉強した。当時、クラスメイトにアフガニスタンからの難民が何人かいて、苦労話をよく聞いた。SFIを卒業して数年経ったころ電車に乗っていると、なんとそのアフガニスタン人が鉄道会社の制服を着て切符の点検に来た。「いい仕事に就けてよかったよ」と笑っていた。難民として来てゼロから始めて、ちゃんと教育を受け、仕事を得てスウェーデン人と同じように生きる道が開けるのだと感心したという。

 マルメでは、中東系のタクシーの運転手が多く、英語でしきりに話しかけてくる。

「サッカー選手のイブラヒモビッチを知っていますか。彼は、マルメの俺たちと同じ地区の出身です。性格もいいんですよ」

 英語もできるし、イギリスのEU脱退、トランプ米大統領などのちょっとした時事的な話題も語ってくれる。トランプ氏が愛するニューヨークのタクシー運転手よりも英語がうまいし、教養があるように感じる。

 ホテルの部屋でこの原稿を書いているときに来てくださった女性清掃員は、スカーフをしている中東系の方だったが、普通に英語で話ができた。スウェーデンに移住して20年、30年経ったハンガリー、ボスニアなど東欧系のスウェーデン人もよく見かける。そのときどきの世界情勢を反映して、移民の出身地が違ってくる。世界史の激動を生身の人間の存在から感じられる。

 こうして多様性が確保されているので、街のレストランも、国際色豊かだ。北欧、イタリア、フランスの料理、ブリティッシュパブ、アメリカのハンバーガーチェーンはもちろん、トルコやシリアの料理、それにデンマークのNOMAの影響なのか無国籍創作料理。

 対日感情はとてもよく、驚くなかれ、すし店の数は中華料理店よりも多い(とはいえ、そのほとんどは中国人の経営で、日本人の口に合わないが)。マルメ駅構内の小さな本屋では、村上春樹のスウェーデン語の翻訳本が5タイトルくらい平積みで並んでいる。

 治安面では、町の中心部でも真夜中に女性がひとりで平気で歩いている。危ないといわれるごく限られた地域に夜中に行けば危ないという話であって、それは東京でも同じだろう。総じていえば、確かに治安が非常に良い他の北欧の都市に比べれば、治安は悪いほうだろうが、ロンドンやアメリカの諸都市よりはいい。

 イギリス人ジャーナリストのマイケル・ブースは、著書『限りなく完璧に近い人々』で、2008年に暴動のあったローゼンゴードに実際に行って雰囲気を伝えている。ヘルシンキやオスロ、コペンハーゲンにある近代的な高層団地ととくに変わったところはなく、ロンドンのブリクストンやケニントンより比べものにならないほどきれいだとしている。

●マルメの将来と戦略眼

 私は、マルメの住民に「マルメは、むしろ移民受け入れの成功例ではないか」と問いかけてみた。彼らは、みんな判で押したように次のように答える。

「成功とか、解決したとは思っていない。スウェーデンのなかでは、治安の悪いほうで、問題は、今も確かに残っている。しかし、08年の暴動から後、良い方向に向かっているのも確かだ。そして、アメリカの都市やロンドン、パリよりも危険だとも思わない」

 彼らが、みな同じ控えめな答えを言うのは、ブース氏も著書で述べているがスウェーデン人が内気で控え目だからかもしれない。しかし、私には第二次大戦でドイツから戦争を回避し、かといって戦後に枢軸国ともされないように、薄氷を踏む思いでうまく立ち回った戦略的思考の片鱗を見たように感じる。スウェーデンの人は、常に冷徹に自分たちの実力を過不足なく見極めた上で、思い切りよく実行する。

 私がずけずけとこのような微妙な質問をした後、彼らからはお返しとばかりに本当に心配そうに尋ねられる。

「ところで、日本は朝鮮半島で何か事件があったらどうするのですか? 数百万人の難民が、海からおんぼろ船で日本の沿岸にまで押し寄せ来ると、目の前で子供や老人が溺れて死ぬのを見ているわけにもいかないし、助けて住まわせるのも大変ですよね。スウェーデンが受け入れた難民の24万人とは、桁が違う規模になります。日本は、どうするのでしょうか。大丈夫ですか」

 確かに、戦略眼のある彼らからすれば、心配になって仕方ないのだろう。我々にとって、まさに河岸の火事ではない。
(文=小林敬幸/『ビジネスの先が読めない時代に 自分の頭で判断する技術』著者)