ミッキーマウス&ミニーマウスが駆け付けた!/(C)Disney

写真拡大

オリエンタルランドが計画を進めてきた「東京ディズニーランド大規模開発エリア」の起工式が4月5日に行われ、セレモニーにミッキーマウスとミニーマウスが登場した。

【写真を見る】オリエンタルランド代表取締役 (兼)COO上西社長も登壇/(C)Disney

2020年春にオープンを予定している大規模開発エリア。ファンタジーランドを中心に新たなアトラクションや施設が導入される予定だ。その投資規模は750億円。今回は、「美女と野獣」エリア(仮称)や「ベイマックス」をテーマにした新アトラクションの計画が発表された。

「美女と野獣」エリア(仮称)には、約30mの“野獣の城”や、日本オリジナルの大型アトラクション、レストランなどが登場予定。“野獣の城”は、シンデレラ城に続く2つ目の城となる。

この起工式とセレモニーで同社は「今回の開発は東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのオープン以来の、初めての大型プロジェクトだと思っています。このプロジェクトが完成する2020年には、新たな夢をたくさんのゲストにお届けできると思っています」と意気込みを語っていた。【ウォーカープラス編集部/Raira】