【警告】鳥栖=吉田(36分) 新潟=富澤(26分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】鎌田大地(鳥栖)

写真拡大 (全4枚)

【チーム採点・寸評】
鳥栖 6
試合の序盤から新潟に押し込まれる展開が続いたが、ビクトル・イバルボが獲得したPKを豊田が決めて、試合の流れを引き寄せると、システム変更から一気に形勢を逆転。3ゴール・無失点の快勝となった。
 
 
【鳥栖|採点・寸評】
GK
33 権田修一 6.5
30分にミドルシュートを防ぐなど好セーブを見せて、3試合ぶりの無失点に貢献した。
 
DF
8 藤田優人 5
山崎にサイドで主導権を握られ、守備で後手を踏んだものの、攻撃参加も不発に終わる。
 
5 キム・ミンヒョク 5.5
相手に食いつきすぎて裏を取られ、さらにホニのスピードに手を焼き続けた。
 
29 谷口博之 6
17分にホニのシュートをブロックするなど体を張りつつ、守備陣を統率しようとした。
 
23 吉田 豊 5.5
攻撃参加はいつもより少なかったが、「腰」の入った守備でスタンドを沸かした。
 
MF
40 小野裕二 6(90分OUT)
押し込まれた展開の中、守備に走る場面が多かったが、移籍後初ゴールをマーク。
 
14 高橋義希 5.5(60分OUT)
チアゴ・ガリャルドの動きに翻弄される時間が多く、いつものタイトな守備は少なかった。
 
4 原川 力 5.5
後半、イバルボのパスを受けてシュートを放つもミートせず。攻撃のアクセントになれず。
 
7 鎌田大地 6.5
イバルボのPK獲得につながるパス、田川のゴールをアシストするなど2点に絡む活躍。
FW
32 ビクトル・イバルボ 6(81分OUT)
ボールを持った時に違いを出し、2試合連続でPKを獲得してチームに先制点をもたらすきっかけに。
 
11 豊田陽平 6
得意の形を出せるクロスは上がって来ないが、PKを確実に決めて嫌な流れを断ち切った。
 
交代出場
MF
6 福田晃斗 5.5(60分IN)
ボランチとして無難な守備を見せた。77分のシュートを決めていればよかったが。
 
FW
27 田川亨介 -(81分IN)
出場直後から何度も相手の背後を狙い続け、得意の抜け出しからプロ初ゴールをゲット。
 
MF
20 小川佳純 -(90分IN)
無失点で試合を終わらせようと、果敢にプレスするなど守備に走り回り、クローザーとしての役割を全う。
 
監督
マッシモ・フィッカデンティ 6
試合の主導権を握られながら、1点をリードしてからシステム変更して流れを引き寄せた。
新潟 5.5
しっかりとしたプレスから前線のホニとチアゴ・ガリャルドで攻撃するという狙いを打ち出すも、再三のチャンスを最後まで決められなかった。
 
【新潟|選手採点】
GK
1 大谷幸輝 5.5
PKは仕方ないがパンチングが中途半端になってしまい、2失点目の原因となった。
 
DF
19 矢野貴章 5.5
守備を無難にこなしながら果敢に攻め上がる姿勢を見せたが、ゴールにはつながらず。
 
50 富澤清太郎 5
PK献上で鳥栖に試合の流れを渡してしまい、チームを覆った悪い流れを変えられず。
 
2 大野和成 5
序盤はカバーリングに走り守備をまとめたが、田川に振り切られてプロ初ゴールを許した。
 
34 原 輝綺 6
慣れない左サイドバックで奮闘。積極的な攻撃参加から好クロスも供給した。
 
MF
13 加藤 大 5.5
普段ほど運動量は目立たなかったが、不慣れなボランチで守備から攻撃へのつなぎ役となった。
 
8 小泉 慶 5.5(77分OUT)
中盤からゴール前まで豊富な運動量でボールに絡むという自分の仕事はこなした。
 
20 端山 豪 5(62分OUT)
左サイドからの攻撃が多く、流れの中では輝けず。見せ場のCKは安定していたが途中交代に。
 
9 山崎亮平 6(83分OUT)
左サイドで起点となり周りを動かし、時にはドリブルでゴールに迫ったがラストパスの精度欠く。
 
FW
10 チアゴ・ガリャルド  6
中盤から前線までを自由に動き回り、ホニとのホットラインで再三チャンスメイクもゴールは遠かった。
 
7 ホニ 5
ゴール前でチャンスを掴みもトラップミスで自らチャンスを潰す。1点でも取っていたら結果は変わっていた。
 
交代出場
FW
49 鈴木武蔵 5.5(62分IN)
サイドでガツガツとゴールに向かう姿勢は見せた。しかし、吉田の守備の前に好機を作れず。
 
MF
15 本間 勲 -(77分IN)
中盤でバランスを保ちながら攻撃の起点になろうとするも、3失点目の鎌田への対応が軽すぎた。
 
FW
14 田中達也 -(83分IN)
流れを変えようと前線で動き回るも時間が短すぎて、結果を出すことはできなかった。
 
監督
三浦文丈 5.5
試合の入り方はほぼ完璧ながら、何度も作り出した決定機を逃したことで主導権を手放した。

取材・文:荒木英喜(フリーライター)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。