フィアット500新車情報・購入ガイド
小さなラグジュアリーコンパクト、限定車「マーレブル」登場!【ニュース・トピックス:フィアット】

写真拡大

<h2>記事の目次</h2>


<h2 id="01">■デビューから9年! ロングライフとなっているフィアット500の魅力とは?</h2>

 フィアット は個性派コンパクトカー のフィアット500(チンクエチェント) に、限定車「フィアット500 MareBlu(マーレブル)」を設定。計100台の限定として発売を開始した。

 フィアット500は、2008年に登場した。フィアット500は、今でも世界中で愛されている先代500の後継車としてデビュー。フォルクスワーゲン ビートル 同様に、長い間高い人気があったモデルの復活ということもあり、非常に話題となった。先代500のデビューから約50年後に合わせ登場したというのも、なかなか粋な計らいだった。また、日本では先代500が、アニメのルパン3世の愛車だったこともあり、馴染み深いモデルでもある。

 デザインは、当然、先代500をリスペクトしながら、現代風にアレンジされている。鉄でできたクルマながら、まるで生き物のような愛くるしさがあり愛着が持てるデザインだ。このデザイン力は、さすがフィアット! といったもの。フィアット500は、デビューから9年も経過しているのに、ほとんど古臭さを感じさせない。

 また、デザイン力だけでもない。クルマ好きのマインドを刺激する個性的なメカも500の魅力だ。2011年には世界的にも例をみない875嫩称2気筒ターボというエンジンを搭載したツインエアと呼ばれるグレードを投入。

 このエンジンのフィーリングは、かなりユニークだった。今時のクルマとは思えないほどの振動を伴いながら力強く加速する。快適性とは無縁なものの、その元気に走るフィーリングに多くのクルマ好きが魅了された。これほど、個性的なエンジンはフィアット500でないと成立されないとされ、未だ、どのメーカーもこうしたエンジンを搭載したモデルを日本マーケットに投入していない。一般的な人には、あまりお勧めできるエンジンではないものの、デザインだけでなく走りにもこだわるクルマ好きのハートを貫いた。

 また、3ドアの他にカブリオレ も用意され魅力を増しているのもフィアット500の特徴。とにかく、個性で勝負してくるフィアット500は、日本国内で売れない3ドアながら、堅調なセールスを記録し続ける。今では、国内フィアット販売をけん引する基幹車種となっている。

 国内フィアットもロングライフとなったフィアット500を、いつも新鮮に見せる工夫をしている。季節などに応じて定期的に特別仕様車や限定車が出る。常にマーケットに話題を提供し、顧客を楽しませる工夫なされている。こうした工夫が、フィアット500のロングライフを支えている。また、ハイパフォーマンスモデルであるアバルト のブランド力もプラスされ、販売面で好結果となっている。

<h2 id="02">■大人のラグジュアリー感漂う限定車フィアット500マーレブル</h2>

 今回新たに投入された「フィアット500マーレブル」は、現在、カタログモデルでは設定していない「1.2ラウンジ」をベースとしている。この1.2ラウンジは、以前設定されていたグレードで1.2POPよりも上級グレードとして設定されていたものだ。

 そして、注目はボディカラー。車名の「マーレブル」はイタリア語で「青い海」を意味している。これは、ボディに設定した新色(限定車専用色)のエピックブルー(ダークブルー)のイメージを連想させるものだ。インパネの塗装色もボディ同色としコーディネートされた。こうしたコンパクトカーは、女性ユーザーが乗るケースが多い。女性オーナーは、色にこだわることも多く、魅力的なボディカラーの設定はとても重要だ。また、外観では15インチのアロイホイールなどの特別装備された。

 そして、そうした女性ユーザーのハートを刺激する装備がブラウンのレザーシートだ。イタリアのラグジュアリー家具ブランド「ポルトローナ・フラウ」のレザーを使用。上質なレザーのシートは、ソファのような座り心地をもつ。ポルトローナ・フラウとは、イタリアのラグジュアリー家具ブランドだ。こうした淡いブラウンのカラーと、快適なレザーシートの組み合わせはなかなか絶妙で、車内が自分の部屋のようにくつろげる空間に仕上げている。どちらかというと、フィアット500はポップな印象がある特別仕様車が多かったが、今回投入された限定車マーレブルは、シックでラグジュアリー感ある大人のコンパクトカーといった仕上がりになっている。

 限定車フィアット500マーレブルの価格は2,386,800円。国産コンパクトだと、十分に超低燃費のハイブリッド 車が買える価格帯となる。決して安いクルマではない。また、燃費性能は19.4km/Lと、もはや一世代前のクルマといえる燃費値だ。その上、ハイオクガソリン使用なので、経済性に優れているとは言えない。

 しかし、実用面ばかり重視したコンパクトカーとは一線を画す内外装は、非常に魅力的で捨てがたいものだ。クルマを生活の足とした考え方ではなく、好きなものと日々の暮らし、生活に潤いを与えたいと考える人に向くのが、このフィアット500といえるだろう。

 ただ、何にせよ、すでにデビューから9年経つモデルであることは確実。気に入っていても、購入時はシッカリと値引き交渉して、少しでも安く購入することをお勧めする。国産コンパクトカーと競合させて、一定の値引きを引き出したい。燃費などの経済性が良くないこともや、自動ブレーキを含む先進予防安全装備が無いことを上げて値引き交渉するといいだろう。

<h2 id="03">■フィアット500マーレブル価格</h2>

フィアット500マーレブル価格:2,386,800円
ボディカラー:エピックブルー(新色、限定車専用)

<h2 id="04">■フィアット500マーレブル燃費、スペックなど</h2>

【主な仕様】
  排気量: 1,240cc
  エンジン: 直列4気筒 SOHC 8バルブ(可変バルブタイミング付)
  燃費(JC08モード): 19.4km/ℓ
  最高出力: 51 kW (69ps)/5,500 rpm [EEC]
  最大トルク: 102 Nm (10.4kgm)/3,000 rpm [EEC]
  トランスミッション:ATモード付5速シーケンシャル(デュアロジック)

この記事をCORISMで読む→