習近平国家主席は現地時間の6日と7日、米国フロリダ州の大統領私邸「マール・ア・ラーゴ」で同国のトランプ大統領と首脳会談を行い、両首脳は向き合って接触し交流した。

写真拡大

習近平国家主席は現地時間の6日と7日、米国フロリダ州の大統領私邸「マール・ア・ラーゴ」で同国のトランプ大統領と首脳会談を行い、両首脳は向き合って接触し交流した。今回の深く、友好的で、長時間にわたる会談では、米中関係の次の段階の発展に向けて基調を定め、方向性を定め、枠組みを定め、ルートを定めるという目的が達成された。人民日報が伝えた。(文:賈秀東・本紙特約論説員、中国国際問題研究院特任研究員。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

第1に、双方は新しい起点に立って米中関係がより大きな発展を得られるよう推進することで同意した。両国首脳はいずれも米中関係の重要性を強調した。

第2に、双方は次の段階のトップレベルの交流と対話メカニズムについて共通認識に達した。トランプ大統領は習近平国家主席の招待に応じて中国を公式訪問するとしており、このことは両国関係の発展に対して新たな推進力を形成するものと予想される。また双方は外交の安全保障をめぐる対話、全面的な経済についての対話、法執行(エンフォースメント)とネットワークのセキュリティについての対話、社会および人的・文化的分野における対話という4つのハイレベル対話協力メカニズムを新たに構築した。

第3に、双方は今後一定期間の重点協力分野と努力目標を確定した。双方は今後、二国間投資協定交渉を引き続き推進し、インフラ建設やエネルギーなどの分野での実務協力を模索し展開していく。

第4に、双方は敏感な問題を適切に処理し、建設的なやり方で食い違いを管理コントロールすることで同意した。両国にはぞれぞれ進めている内外の優先的議題があり、両国元首はこれについて意見を交換した。また台湾、朝鮮の核、南中国海などの問題では異なる立場に立っている。両国は衝突せず、対抗せず、相互尊重、協力・ウィンウィンの原則を遵守してお互いが関心を寄せる議題を処理しなければならない。トランプ政権がこの原則を承認したことは、米中関係にとって積極的な進展といえる。

米中首脳会談には世界中が注目しており、その成功は米中関係の今後の発展やアジア太平洋地域、ひいては世界の平和・安定・繁栄にとって重要かつ積極的な影響を与えるものとなる。今回の会談は米中関係の方向性に一定の確実性を与えたといえる。

米中の首脳会談は両国関係に横たわる一連の迷いの霧を吹き飛ばしたが。両国関係はフロリダの天気のように、明るい日差しと風雨がこもごも訪れるのはやむを得ない。現在、米国の国内政治の複雑さとトランプ政権初期の模索状況が米中関係の直面する課題になっている。米中両国は首脳会談を契機として、コミュニケーションと協調を強化し、交流と協力を拡大し、両国国民が米中関係の発展からより多くの利益獲得感を得られるようにする必要がある。(提供/人民網日本語版・編集KS)