中国とインドネシアの企業が共同で建設するインドネシアの首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンを結ぶ高速鉄道の設計・調達・建設(EPC)契約が現地時間4日に締結された。

写真拡大

中国とインドネシアの企業が共同で建設するインドネシアの首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンを結ぶ高速鉄道の設計・調達・建設(EPC)契約が現地時間4日に締結された。中国鉄路総公司が5日明らかにした。中国とインドネシアの鉄道の分野における連携が重要な進展を見せたことを示し、中国が掲げる「一帯一路」(the belt and road)構想の一部である同鉄道の建設が全面的に実施の段階に突入した。光明日報が報じた。

中国鉄路総公司の関連の責任者によると、中国とインドネシアの企業は、「B2B(企業対企業)」で同鉄道プロジェクトを推進する。中国側は中国鉄路総公司を筆頭とする設計、建設、設備、運営などの企業からなるコンソーシアム。インドネシアのPT.Wijaya Karyaが筆頭の国有企業からなるコンソーシアムと連携する。プロジェクトで採用されるのは全て中国の高速鉄道の技術や設備で、中国の高速鉄道の建設、運営、管理などの豊富な経験が生かされる。中国の高速鉄道の基準が採用された初の海外プロジェクトだ。

同鉄道の一期プロジェクトの総距離は142キロメートル。 首都ジャカルタと、4番目に大きな都市バンドンを結ぶ。最高設計時速は350キロ。3年で完成し開通する計画だ。完成すれば、ジャカルタとバンドンが40分で結ばれ、今の約3時間から大幅に短縮される。(提供/人民網日本語版・編集/KN)