いいづか・けん=1979年生まれ、群馬県出身

写真拡大

清水富美加&松井玲奈が漫才コンビを演じる青春映画「笑う招き猫」の4月29日(土)公開に先立ち、現在放送中のドラマ版(毎週火曜夜1.28-1.58ほか、TBSほか)も好評を博している飯塚健監督。「荒川アンダー ザ ブリッジ」(ドラマ版=’11年TBS系、映画版=’12年公開)や、ドラマ「REPLAY&DESTROY」(’15年TBS系)、「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」(’16年TBS系)、映画「風俗行ったら人生変わったwww」('13年)、「ブルーハーツが聴こえる」(’17年)などなど、ジャンルを超えた創作活動を続ける彼に、映画とドラマの演出法の違いといった作品づくりのメソッドや、今後の“野望”を語ってもらった。

4月29日(土)から映画版が公開される「笑う招き猫」。熱き友情で結ばれた漫才コンビ、ヒトミ(清水富美加)とアカコ(松井玲奈)の青春物語/(c)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会/TBS

■ 「荒川アンダー ザ ブリッジ」では衝撃的な“尺短”が起こったんです(笑)

――監督デビュー作の「Summer Nude」(’03年)からしばらく映画が続きましたが、当初からテレビドラマを撮ってみたいという思いはあったのでしょうか?

「もともと映画を撮りたい人間なので、正直ドラマのことは全く頭の中になかったんですよね。僕とは畑が違うと思っていましたし。ドラマ版の『荒川アンダー ザ ブリッジ』を撮ることになるまでは、意識もしていませんでした。だから、そのときもまだ“尺感”(本編の放送時間を測る感覚)が全然分かってなくて、衝撃的な“尺短”が起こったんですよ(笑)」

――あのドラマは30分枠でしたから、CMを抜くと正味24分弱。どれくらい短くなってしまったんですか?

「今でも忘れもしませんよ、お茶会がテーマの第3話で、撮ったものをバンバンつないでいったら、10分以上足らなくなっちゃったんです(笑)。それで慌てて、あの手この手でお茶会のシーンを延ばした、という…。最終的に尺を合わせられたのは奇跡でしかなかったと今でも思います(笑)」

――映画とドラマでは演出にも違いがあるのでしょうか?

「根本は一緒なんでしょうけど、映画は、観客が大きいスクリーンを集中して見るものなので、話している登場人物はもちろん、それを聞いている側のリアクションも見てもらえる。そうすると、いちいちアップで寄らなくてもいいから、立体的に芝居が作れるわけです。別に(カットを)割らないからいいとは思わないし、割るからダサいとも思わないんですけど、アップっていうのは、その人ひとりしか映っていないわけで、一番情報量が少ない画(え)なんですよ。だけど、スクリーンだと複数の人物が見渡せるから、その人たちを動かすことで、どんどん芝居の幅が広がっていく。

その点、テレビは画面の大きさも限られてるし、“ながら見”のメディアですから、ある程度カットを割って、寄りの画を多くした方が見やすくなる、というのがあって。ただ、その辺の違いを意識し始めたのは最近のことなんです。それこそ『笑う招き猫』以降かもしれません(笑)」

■ “ながら見”でも楽しめるドラマにしたかった

――また、民放のテレビだと、CMがありますよね。CM前やCM明けの見せ方を意識したことはありますか?

「これも最近ですが、多少は意識するようになりました。CM前はちゃんと“引き”があるシーンで終わらせなきゃいけないとか、その辺は昔よりは配慮するようになった気がします。以前は、CMが入るのは当たり前なんだからしょうがないでしょ、なんて思ってましたからね。でも、“しょうがない”で片付けてたらダメだなと。『笑う招き猫』もそうですけど、このごろはかなり自由に作らせてもらっているので、その分、テレビの番組を作っているという意識もしっかり持っていないといけないなと。それと、自分に子供ができたことも大きいかもしれません。少しだけ、まともになったというか、大人になれたのかもしれない(笑)」

――4月11日(火)(※MBSは4月9日[日])に最終回を迎えるドラマ版の「笑う招き猫」に関して、演出で工夫した点はありますか?

「最初は映画だけの企画だったんですけど、映画を広める意味でも、ドラマも作ろうという話を頂いて。プロデューサー陣と話し合いをする中で、映画の前日譚や後日譚ではない、映画とは全くリンクしていない作品にしたいなって思ったんです。それでこそ、テレビでやる意味があるんじゃないかって。だから、主演の2人と共演の男子2人の4人がメインで、他のキャラクターはほとんど出てこないし、主人公の漫才コンビが漫才をするシーンはひとつもないっていう(笑)。

以前作った『REPLAY&DESTROY』は、セリフの一語一句を大切にしながら、俳優部もアドリブなんてそうそう入れられないような作り方だったんですけど、今回はその真逆の作り方をしていて。いわば、ライブ感覚の撮影というか。例えば、主人公たちがパソコンを開いて、自分たちが作った動画の再生回数が伸びているかどうかをチェックするというシーンでは、『こういう話題でちょっとしゃべってみて』と大枠のテーマだけ投下して、あとは勝手にしゃべってもらう。演劇のエチュードみたいな感じですね。ある程度自由にやってもらって、間延びする部分はカットしたり、別の方向から撮ってみたり。ちょっとしたハプニング感というか、きっと見ていて、どこからが芝居なのか分からないと思うんですよ。最低限のセリフは決まってるけど、脚本は1話につき5〜6ページぐらいしか書いてないし。

そういうやり方をテレビでやらせてもらったのはありがたかったですし、非常に新鮮な体験でしたね。映画を撮り終わったあとの撮影でもあったので、俳優陣もある程度役ができているというか、キャラクターとしてしゃべることがなじんでいたのかもしれない。ただ、それはもちろん、映画があったからこそできた手法なんですけどね。ドラマだけだったら『これ、何なの?』ってなってたと思います。

それともうひとつ意識したのは、まさに“ながら見”でも楽しんでもらえるようなドラマにしたかったっていうこと。また『REPLAY&DESTROY』を引き合いに出しますけど、あの作品は深夜ドラマらしからぬ情報量の多さで、すごく真剣に見ないと置いていかれてしまうような作品だったんですね。でも今回のドラマは、途中2分間ぐらい見てなくても、全然ついていけるようなものにしたかったんです。何も考えずに『なんだコレ?』って感じで、ドラマを見ている時間だけ笑っていただければいいかなと」

■ いつか「北の国から」のようなドラマを撮ってみたい

――これまでドラマを何本か撮ってみて、学んだことはありますか?

「“尺感”もそうですけど(笑)、やっぱり『荒川アンダーザブリッジ』で学んだことは多かったですね。それと、松井玲奈さん主演の『神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎』も、それまでとはまた全然違った手法を試すことができて面白かったし、勉強にもなりました。あの作品は、音楽をほぼ入れないことを前提にして、カットもほぼワンカットで展開していくような演劇っぽいものを狙ったんですよ。“アリ”なパターンをまた一つ見つけられたかなっていう感じですね」

――ちなみに、飯塚監督がいち視聴者として好きなテレビドラマは?

「山田太一さんの作品はリアルタイムではないですけど、ほぼ全て見ています。やっぱり脚本が素晴らしいですよね。それと、『北の国から』(’81〜’82年ほかフジ系)が大好きなんですよ。4月から始まった倉本(聰)さん脚本の帯ドラマ(「やすらぎの郷」テレビ朝日系)も、もちろんチェックしてます(笑)。いつか機会があったら『北の国から』のような“家族モノ”を撮ってみたいですね。本気で泣けて、それでいて押し付けがましくない、そんなドラマをオリジナルの脚本でやってみたいです」