私たちの体には不思議な力がたくさん備わっています。自然に健康を維持できる仕組みがあることもその一つです。これを免疫力といいますが、その力が弱ってしまうと疲れやすくなり、風邪を引きやすくなったりします。日頃から免疫力を高めておくことで、病気にかかりにくくなり健康に過ごすができるんです。

体の不思議な力「免疫」とは?

免疫は「疫(えき)から免れる(まぬがれる)」と書かれるように、疫病(伝染病のこと)にならずに済むことを意味します。免疫力とは体が持つ健康を維持する能力のこと、つまり病気から体を守る自己防衛能力のことです。免疫の働きは、主に白血球内の細胞が担っていると言われ、体内に入ってきたウイルスや細菌、またがん細胞などの異常細胞を見つけると攻撃して排除します。

ストレスは免疫を下げる要因に

日々の生活の中で、私たちは肉体的・精神的に様々な刺激を受け、それが体を作っていく上で良くも悪くも影響します。免疫力も外部からの刺激に左右されやすく、免疫力を下げてしまう大きな原因に、ストレスがあげられます。ところで免疫力の作用に大きく関わっているのは、自律神経と言われています。

自律神経には二種類の神経があり、それは体を興奮させる交感神経と、体をリラックさせる副交感神経の二つです。高い免疫力を維持するためには、交感神経と副交感神経のバランスを保つことが一番とされています。ストレスは自律神経を乱しやすく、免疫力を低下させる原因となりやすいのです。免疫力が下がると、風邪をひきやすくなったり、口内炎ができやすくなる、またアレルギーが出やすくなるなど、体に様々な症状が現れるようになります。

免疫力をアップさせる方法は簡単!

常に体の調子が良いと、気分も良くなりやる気が出てくるものです。そのためにも日頃から免疫力をアップする工夫をしておくとよいでしょう。高い免疫力を保つには、自律神経のバランスを整えておくことが肝心です。できるだけストレスを溜めないようにしておくと、自律神経をバランス良く保つことができます。ストレスを完全排除するのは難しいことですが、いろいろな方法を試して、自分なりのストレス発散法を見つけてみましょう。

それにプラスし、毎日の習慣として適度な運動、食事は楽しみながら食べる、そして十分な睡眠を取ることは、免疫力アップをさせる効果があります。ゆったりと入浴することも、体を温めリラックスさせ、免疫力が高まります。また病は気からとはよく言ったもの、クヨクヨと落ち込んだ気分でいるよりも、笑顔を作りよく笑うようにするだけで、免疫細胞の力が高まることが分かっています。楽しく生活することが何より、免疫力の向上につながるようですね。


writer:Akina