ジュビロ磐田の中村俊輔【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 明治安田生命J1リーグ第6節が8日に行われ、横浜F・マリノスとジュビロ磐田が対戦した。

 磐田のMF中村俊輔が、昨季まで在籍した古巣・横浜FMのホームに凱旋することで注目されたゲーム。前半26分にマルティノスのゴールで横浜FMが先制した。

 1点ビハインドとなった磐田は34分、コーナーキックを獲得すると中村俊輔が古巣のサポーターの目の前で魅せた。左足から放たれたボールはニアサイドでマルティノスに触られたものの、こぼれ球に詰めていたDF大井健太郎が左足でボレーシュート。

 中村俊輔のコーナーキックから生まれたチャンス。キャプテンの大井が見事なシュートを突き刺して磐田が同点に追いついた。試合は1-1で前半を終えている。

text by 編集部