7日、RFI中国語版サイトは記事「米中首脳会談後に武大偉・中国朝鮮半島事務特別代表が韓国を訪問」を掲載した。米中首脳会談が北朝鮮問題解決の転機になるかどうかは未知数だが、武代表の訪韓は中国が発したシグナルとして注目される。

写真拡大

2017年4月7日、RFI中国語版サイトは記事「米中首脳会談後に武大偉・中国朝鮮半島事務特別代表が韓国を訪問」を掲載した。

6日、7日の両日、米国で米中首脳会談が開催された。そして10日から武大偉(ウー・ダーウェイ)中国朝鮮半島事務特別代表が韓国を訪問することが、韓国メディアの報道で明らかとなった。

トランプ大統領は北朝鮮に対する中国の圧力が不足していると批判してきた。圧力をかけない場合、米国は単独で北朝鮮の核の脅威を取り除くとも警告している。米中首脳会談が北朝鮮問題解決の転機になるかどうかは未知数だが、武代表の訪韓は中国が発したシグナルとして注目される。(翻訳・編集/増田聡太郎)