「iPhone8」の、ディスプレイに埋め込まれると噂のホームボタンのコンセプト動画を、イタリアメディアMacitynetが公開しました。

ディスプレイに埋め込まれると噂の「iPhone8」のホームボタン

今秋の「iPhone8」では、ホームボタンがディスプレイに埋め込まれる、と予測されています。
 
Macitynetが公開したコンセプト動画には、ディスプレイに埋め込まれたホームボタンの様子2種類が描かれています。

ロックを解除すると消えるホームボタン

1つ目は、ホームボタンはロック画面にだけ表示され、iPhone8のロックを解除するとホームボタンのあった領域もディスプレイとして使われる、というものです。
 

 
アプリを開いた状態からホームボタンに戻るためには、画面の左端の部分を強く押します。実は、この操作方法は3D Touch搭載のiPhoneシリーズに搭載されています。
 

ファンクションエリアとホームボタンの組み合わせ

2つ目は、ディスプレイ下部にホームボタンが常に表示されており、開くアプリに応じて変わるショートカットキー「ファンクションエリア」として使われる、というものです。
 

 
MacBook ProのTouch Barのような、ファンクションエリアの採用については、Apple関連の情報の精度で定評の高いアナリスト、KGI証券のミンチー・クオ氏が予測しています。

どちらも魅力的なコンセプトデザイン!

ディスプレイの表示領域が広くなる1つ目、アプリの操作が快適になりそうな2つ目、ともに魅力的です。
 
動画はこちらからご覧ください。
 

 
 
Source:YouTube via BGR
(hato)