約5年ぶりにJリーグで得点を記録した小野裕二

写真拡大

[4.8 J1第6節 鳥栖3-0新潟 ベアスタ]

 J1リーグは8日、第6節2日目が行われた。ベストアメニティスタジアムでは、サガン鳥栖とアルビレックス新潟が対戦し、3-0で鳥栖が勝利。3試合ぶりの白星となった。一方、新潟は2連敗で今季初勝利はお預けとなった。

 今季ここまでリーグワーストの9失点を喫している新潟は、左サイドバックに高卒ルーキーのDF原輝綺を起用。前半10分にFWチアゴ・ガリャルドのパスを敵陣中央で受けたMF小泉慶が思い切りよくミドルシュートを放つなど、新潟は立ち上がりから積極的にシュートを打ち込んでいった。

 対する鳥栖は、前半23分にFWビクトル・イバルボの巧みなパスを受けたMF鎌田大地がPA右から右足を振り抜く。鋭いシュートは枠を外れ、FW豊田陽平も飛び込んだが、合わせることはできなかった。それでも同26分に、鎌田のパス交換からイバルボがDF富澤清太郎に倒され、PKを獲得。キッカーの豊田が冷静にGK大谷幸輝の逆を突き、先制のゴールネットを揺らした。

 反撃に出る新潟は前半30分、右サイドからチアゴが折り返したボールはファーサイドまで流れ、FWホニが回収して後方に落とす。これをMF山崎亮平がパンチのあるシュートを放ったが、GK権田修一の手を弾いて左ポストを叩いた。0-1で迎えた後半も立ち上がりから原が豪快なシュートを浴びせるなど、積極的な入りをみせるが、最後のところでパスの精度を欠き、決定的なシーンを作り出すことができない。

 鳥栖は後半26分、FKからGK大谷がパンチングでクリアしたボールをMF小野裕二が受け、そのまま右足を振り抜くと、GK大谷に当たったボールがゴールに吸い込まれ、2-0。今季初ゴールとなった小野は2012年4月28日の第8節・神戸戦以来、約5年ぶりのJリーグでの得点となった。さらに同42分、鎌田のスルーパスから途中出場のFW田川亨介が攻め上がり、PA左から左足シュート。これがゴール右隅に吸い込まれ、今季トップ昇格を果たした18歳FWがうれしいJ初ゴールを挙げた。

 試合はそのまま3-0で終了。鳥栖が完封勝利をおさめた。試合後のインタビューで田川は、「すごい嬉しいですけど、急だったので、ゴールパフォーマンスとか考えていなかった。試合には出ていたが、結果だけを求めていた。それが形になって良かった。いつかこのピッチで点を取りたいと思っていた」と喜びを語った。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第6節2日目 スコア速報