デヴィッド・ジュントーリ(『GRIMM/グリム』シーズン5)

写真拡大

グリム童話をベースにした全米で大ヒット中のダーク・サスペンスドラマ『GRIMM/グリム』のシーズン5が、スーパー!ドラマTVにて5月19日(金)より独占日本初放送となる。2011年秋から米NBCで放送がスタートした本作は熱心なファンに支えられ、今年3月31日にNBCで最終回を迎えるまで、6シーズンを駆け抜けた。主役のニック・ブルクハルト刑事を演じたデヴィッド・ジュントーリが米RottenTomatoesに番組が始まった当時の思い出を語った。

「不思議な番組だよね、本当にそう思う。(『GRIMM』の脚本を初めて手にした)その頃、僕は若くて、ちょっとした売れっ子だったんだ(笑)。だからたくさんパイロット版の脚本が手に入ったのだけれど、最初にこの脚本を読んだ時、"絶対に放送される"と思った。あの頃はとにかく医療ドラマの脚本が多かったし、NBCは絶不調だった。この手のジャンルの番組は固定ファンをつかむものと知っていたから、きっとNBCはGOサインを出すだろうと思ったんだ。それくらい、これまで目にしたことのない脚本だったんだよ」

デヴィッドに強烈な印象を与えた『GRIMM』との出会いだが、それでも「こんなに長く続くとは思ってなかった」と本音がポロリ。" 不思議な番組"がまさか全6シーズン123話も続くとは期待していなかったのだ。「僕らはただ芝居をするだけ、俳優が仕事の見通しを立てるべきじゃないと思うんだ。どれほど良い脚本があったとしても、ダメになる理由は山ほどある。そんな前例をたくさん見てきたからね。だから、シーズン1の放送が決まった時は嬉しかった。あの頃は、そんな吉報をどこで聞いたか場所さえも覚えていたものだけど、シーズン2以降はあまり記憶にないね。そんなことには振り回されず、最後まで突っ走った感じかな。今だに6シーズンも続けられたことが信じられないよ!」シーズン1の頃の喜びは、言い換えれば不安の表れ。『GRIMM』が人気ドラマに成長したシーズン2以降は、主演俳優としての自信から余裕を持って吉報を聞いたということなのだろう。

デヴィッドは、現在、新しく主役を務める米CBSのパイロット版『Mission Control(原題)』の準備中。NASAを舞台にしたドラマで、共演は『WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!』のポピー・モンゴメリーが決定している。シーズンを重ねるごとに面白味が増す中、物語がいよいよ佳境へ入るシーズン5ではよりエキサイティングなドラマが展開する。グリム、そして王家の存在さえ飲み込む、ヴェッセン界を揺るがす熾烈な争いが始まる! なお、シーズン5の日本初上陸を記念し、シーズン4が4月末より一挙放送となることも決定している。

『GRIMM/グリム』放送情報
■シーズン5...スーパー!ドラマTVにて5月19日(金)22:00より独占日本初放送
[二]毎週金曜 22:00〜 ほか
[字]毎週金曜 深夜0:00〜 ほか

■シーズン4...スーパー!ドラマTVにて4月30日(日)〜5月6日(土)に一挙放送
4月30日(日)15:00スタート(毎日15:00より各日3話連続放送。最終日の5月6日のみ4話連続放送)

(海外ドラマNAVI)