すき家の「ロカボ牛麺」

写真拡大

 学生やビジネスパーソンの強い味方である、牛丼チェーンのすき家。350円(税込み、以下同)で牛丼並盛が食べられるコストパフォーマンスのよさに、日頃お世話になっている人も多いのではないだろうか。

 すき家の2017年3月の営業成績(既存店)を見ると、前年同月比で客数こそ2.4%減だが、売上高は0.2%増、客単価は2.7%増という結果になっている。近年、いわゆる「ワンオペ問題」に端を発する労働環境の悪化が伝えられ、売上高や客数の面でダメージを受けていたが、徐々に持ち直している印象だ。

 これまで、「きのこペペロンチーノ牛丼」「アボカド牛丼」などのオリジナリティあふれるメニューを販売、インターネットを中心に話題になってきたすき家だが、ついに「低糖質」に取り組み始めた。

 こんにゃく麺を使用した「ロカボ牛麺」(490円)と「ロカボ牛ビビン麺」(590円)が、4月5日から全国1952店舗で販売開始されたのだ。「ロカボ」とは、すき家の公式サイトによると、以下のようなものだ。

「生活習慣病予防や体に負担をかけないダイエットとして注目を集めている“ロカボ”。一般社団法人食・楽・健康協会が提唱している『緩やかな糖質制限』のことをいいます。糖質を1食あたり20〜40g、おやつ10g、1日あたり70〜130gに制限することにより、糖が中性脂肪として蓄積され肥満や生活習慣病を引き起こしやすくなるといわれる食後の血糖の急上昇を抑える新しい食事方法です。最低必要量の糖質は確保した上で、エネルギー源やからだの構成成分の材料として重要なたんぱく質や脂質はしっかりと摂取するよう推奨されているため、無理なく楽しんで健康なからだづくりを続けることができます」

●すき家、なぜ低糖質商品を開発?その自信と狙い

 牛丼チェーンであるすき家がロカボに着目したのは、なぜだろうか。また、そもそも牛丼店に健康に対する意識の高い客が訪れるのだろうか。すき家を運営するゼンショーホールディングスに、新メニューの狙いなどを聞いたところ、以下の回答を得た。

「すき家には多くのお客様がご来店されます。社会的な背景として、健康志向の高まりもあり、糖質が気になる方や、そうでない方にも選んでいただけるメニューのひとつとして開発しました。あくまでも、メインは牛丼です。しかし、社会的な流れを受け、全国に1950店以上を構えるチェーンとして、誰もが身近でお手軽な価格で、このような商品をお召し上がりいただける場としてご利用していただきたいと考えております」(ゼンショー広報担当者)

 確かに、コンビニエンスストアに並ぶペットボトル飲料や菓子類にも「カロリーオフ」「糖類不使用」をうたう商品が増えるなど、現在は健康への関心が高まっている。

 そこに着目、誕生したのがすき家の新メニューということなのだろう。しかし、こんにゃく麺を使用している点などから、味やボリューム的に従来のすき家ファンに受け入れられるのか、という疑問も残る。ともすれば、「健康的なのはいいけど、本当においしいの?」という声が上がりそうだ。そうした点について、ゼンショー広報は以下のように回答する。

「(味にも)自信はあります。麺には、こんにゃくだけではなく米粉も練り込んであるので、もちもちとした食感が楽しめます。また、牛丼と同じ牛肉を使用しているので、おいしさはもちろん、ボリュームもあり、ご満足していただけると思います」(同)

●こんにゃく麺の意外なボリュームと水っぽさ

 ゼンショーの自信を確かめるべく、販売開始当日に実際に食べてみた。

 1食分の糖質量が22.0gと表記されている「ロカボ牛麺」は、牛丼に使われている牛肉などに加え、お揚げ、揚げ玉がトッピングされており、“ぜいたくな肉うどん”といった印象だ。

 肝心のこんにゃく麺は、白い平打ち麺で強い弾力があり、いい意味でよく咀嚼する必要があるため、意外に食べごたえがある。懸念していた、こんにゃく独特の風味やくさみも感じることなく、おいしく完食することができた。

 一方、糖質量28.5gの「ロカボビビン麺」は、その名の通り韓国料理のビビン麺をベースにつくられており、牛丼に使われている牛肉のほかには、キムチ、ほうれん草、春雨といったヘルシーな食材がトッピングされている。

 口に含むと、食欲を増進させる辛みが口内に広がり、「ロカボ牛麺」よりパンチがある印象を受けた。別皿のコチュジャンダレをかけると、ほどよい味噌の甘さが加わり、まろやかな口触りに変化するため、飽きにくい点もいい。

 いずれも、うどんなどの麺類を食した際に感じられる“小麦感”の代わりに、よくも悪くも“水っぽさ”が感じられた。予想外ともいえる、こんにゃく麺のボリューム感に満足しつつも、気になるのがコスパである。

 通常、スーパーマーケットなどで販売されている「こんにゃく麺」や「糖質オフ麺」などの商品は130円前後が多いため、割高な印象を受ける人もいるかもしれない。しかし、「ロカボ牛麺」と「ロカボビビン麺」に使用されているこんにゃく麺には米粉が練り込まれており、確かな満腹感を得ることができるし、牛肉をはじめとしたトッピングも十分にされている。そういった点を考慮すると、妥当な価格設定といえるのではないだろうか。

 ゼンショー広報に、新メニュー2種の販売数や売り上げを聞いたところ、残念ながら「回答を控えさせていただきます」(同)とのことだったが、両立が難しいであろう「おいしさ」と「ヘルシー」を兼ね備えていることは確かなようだ。
(文=増田理穂子/A4studio)