彼がいないと生きていけない…「くよくよ失恋」から立ち直る方法

写真拡大



離れた方がいいってわかってる…。だけど、いくら彼がダメな男でも好きな気持ちが消えることがない。なかなか切り離せない“くよくよ失恋”ってありますよね。今回は、恋を引きずっているときに実践しておきたいことをご紹介いたします。

■【友達との交流時間を増やす】

あなたに寄り添って力になってくれるのは“彼氏”という存在だけではありません。彼との時間にこだわって、最近疎遠になっている友達や家族はいませんか?彼がいなかった時期は、友達と楽しい時間を過ごして心が満たされていた時期もあったと思います。その感覚を今改めて取り戻しましょう。

マイナスな空気を吹き飛ばすには“笑う”ということが一番大切です。友達と会うときは、恋愛相談を持ちかけてまったりお茶をするより、スポーツやカラオケ、レジャーに出かけて、思い切り体を動かして遊んでみましょう。大声で笑ったり、汗を流して発散することで、前向きなパワーが生まれてきます。「こんなに楽しいんだし、大丈夫かも!」と、彼への未練を笑顔で断ち切りましょう。友達や家族には素直に甘えることが大切ですね。

■【彼の性格を書き出してみる】

いざ別れるとなると、どうしてなのか彼のいいところばかりが頭に巡ってきてしまいます。「もっとこうしていたら上手くいったのかも…」なんて、淡い希望まで浮かんできたりするものです。そんなふうに決断が揺らぎそうなときに試して欲しいのが「彼の性格を紙に書き出す」という作業です。

「良いところ・良い思い出」と「悪いところ・嫌な思い出」の2つにスペースを区切って、それぞれ書き出してみましょう。冷静に“彼”という人物を客観視するにはとても良い方法です。「これじゃあ、やっぱり付き合えないわ…」と、改めて彼との別れを現実的に整理できると思います。

■【彼と無理に縁を切ろうとしない】

彼のことを無理やり忘れようとして、すべての連絡手段を絶ってしまう人もいますが、それは逆効果になってしまうこともあります。「考えないようにしなきゃ…」と頭に刷り込むほどに、余計に彼のことが気になって仕方なくなったり恨んだり、様々な感覚で気持ちが残りやすくなってしまうからです。彼を完全に自分の頭から切り離すには、絶対に時間が必要。別れたからといってすぐに彼を忘れることは無理なので、気持ちを切り替えるには時間をかける覚悟を持ちましょう。「今はまだ好きだから、仕方ないか…」と、折り合いをつけることをいい意味で諦めること。そうすると自然に肩の力が抜けて、彼のことを考える時間は少しずつですが減っていくはずです。

■【新たな恋を無理に見つける必要はありません】

彼を忘れたいがために、新しい恋を一生懸命探す女性も多いと思います。でも、無理に恋をしても彼との思い出や未練が切れるわけではありません。むしろ、新しい男性を彼と比較したり、無理に気持ちを作ったりしてしまって、ただただ疲れてしまうだけです。新しい恋を愛せなければ相手も傷つけてしまいますよね。負のループにハマらないように、恋に焦らないゆとりを持ちましょう。

「恋をしよう」ではなく、「みんなとの交流を楽しもう」という感覚で、男女問わず自然にコミュニケーションを取ってみて。自然なあなたで楽しめれば、あなたにふさわしい恋の相手は気づかないうちに側に寄って来るかも。

■【おわりに】

感情的になったり、無理やり彼を切り離そうとすることは、あなたの心にとって毒となってしまいます。無理せず自分らしい時間を過ごすことで、必ず傷は自然と癒えていきます。焦らずにあなたの人生を思いっきり楽しんでくださいね。(あやか/ライター)

(ハウコレ編集部)(古泉千里/モデル)(泉三郎/カメラマン)