7日、多維新聞は記事「習近平国家主席の手土産とは?安倍首相に対抗か」を掲載した。注目は習総書記の手土産だ。消息筋は「トランプ大統領がツイッターで自慢できるような大盤振る舞いになる」と明かした。

写真拡大

2017年4月7日、多維新聞は記事「習近平国家主席の手土産とは?安倍首相に対抗か」を掲載した。

6日、7日の両日、米国を訪問した習近平(シー・ジンピン)主席とトランプ大統領の首脳会談が行われる。注目は習主席の手土産だ。消息筋は「トランプ大統領がツイッターで自慢できるような大盤振る舞いになる」と明かした。

トランプ大統領がこだわるのは貿易と雇用だ。日本の安倍晋三首相は今年2月、米国を訪問した際に70万人の雇用を創出すると約束したが、これに匹敵する雇用創出を約束するという。また中国の自動車市場、農作物市場の開放、中国の銀行による対北朝鮮業務の縮小なども盛り込まれるものとみられる。

この手土産の代わりに習主席は何を手にするのだろうか。兵器売却の延期など台湾問題にまつわるトラブルの回避、中国製品に対する報復関税の中止とみられている。(翻訳・編集/増田聡太郎)