メルセデスベンツの旗艦オープンモデル「Sクラス カブリオレ」のハードコアモデル、「AMG S63カブリオレ」改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

ヘッドライトに変化は見られないですが、「AMG GT R」から継承する「パナメリカーナ」を装備し、フロントバンパーのエアインテーク形状やグリルに新デザインが採用されているほか、テールライト、リアバンパーもリフレッシュされそうです。

注目はパワートレイン。現行モデルに搭載されている、5.5リットルV型8気筒エンジンに代わって、新開発の4リットルV型8気筒ツインターボエンジンの搭載が予想され、最高馬力は600ps以上と思われます。

ワールドプレミアは2017年フランクフルトモーターショーが有力です。

(APOLLO)

新開発4リットルV8の爆発力!メルセデスAMG S63カブリオレ改良型は、600馬力以上へ(http://clicccar.com/2017/04/08/460230/)