デヴィッド・リンチ監督作『砂の惑星』(1984)より
 - Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 作家フランク・ハーバートさんの大河SF小説を映像化した『砂の惑星』(1984)のリブート版の脚本を、映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』の脚本家エリック・ロスが執筆することになったと The Wrap などが報じた。

 今回のリブート版は、制作会社レジェンダリー・エンターテインメントの下で企画されているもの。『プリズナーズ』『ボーダーライン』で注目を浴び、『ブレードランナー2049』でもメガホンを取ったドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務める。

 ハーバートさんが手掛けた全6作からなる原作「デューン」シリーズは、巨大な虫が支配する、砂に覆われた惑星アラキス、通称「デューン」を舞台としたSF小説。かつて、鬼才アレハンドロ・ホドロフスキーが映像化を試みるも失敗し、デヴィッド・リンチが『砂の惑星』として映画化に成功した。

 リブート版では、『キングコング:髑髏島の巨神』のメアリー・ペアレント、『バタフライ・エフェクト』のケイル・ボイターがヴィルヌーヴと共に製作を担当し、『ジュラシック・ワールド』のトーマス・タルが製作総指揮を務める。ハーバートさんの遺産管理団体が、クリエイティブ・コンサルタントとして関わる予定だ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)