羽生選手の魅力はドラマ性?

写真拡大

 経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、羽生結弦選手になぜ人は魅せられるのかを分析。

 * * *
 ヘルシンキで行われたフィギュアスケートの世界選手権で、3年ぶりに王座を奪還した羽生結弦選手。ショートプログラムでは5位と出遅れたものの、フリーではノーミスの完璧な演技を披露し、自身の記録を塗り替える世界最高得点をマークした。

 大勢のファンが応援に駆け付け、凱旋帰国した羽田空港にも約500人のファンが出迎えた。ファンの嬉しさと喜びにあふれた顔を前に、羽生選手は、はにかんだような柔らかい笑顔で応えていた。

 これほど多くのファンを魅了する羽生選手。その魅力とは、いったいどこにあるのかを分析してみたい。

 顔が小さく、手足が長いバランスの取れた体型にきれいな身体の線。すっきりした優しい甘い顔立ちは、少年っぽい、どこか中性的な雰囲気もあり、ネットなどでよく言われている「少女マンガの主人公」という表現がぴったり当てはまる。

 演技で見せる柔らかさ、しなやかさ、優しさと、内に秘めた強靭さや忍耐強さ。そして、ジャンプの時に見せる鬼気迫る表情とのギャップの大きさ。さらに、面倒な質問には大きく息を吸ってフッとはき出しながらも丁寧に対応し、決しておごることのない立ち居振る舞い…。完璧を目指して積み重ねられる努力と演技への執念はすさまじい。

 絶賛するネタは尽きないが、それ以上にファンが魅了されるのは、羽生選手が紡ぎ出すドラマと彼自身の持つドラマ性ではないだろうか。

 世界選手権ショート。羽生選手は、演技前のリンク上で身体の前で十字を切り、手を合わせるルーチンをいつも行う。だが、この日のルーチンは短くさっとすませた印象だ。勝負に向かうアスリートにとって、ルーチンは精神統一、集中するための重要なワーク。老婆心ながら、どこかに迷いがあるのかと思ってしまった。

 表情にいつもの勢いがない。滑り終わった直後も感情が抜けたような顔でうつむき、肩を落として腰に両手を当てた。演技を悔やんでいるのだろう。

 だが、フリーではいつも通りゆっくりしたテンポでルーチンを行った。自信を持って集中できていたのだろう。滑りだすと生き生きとした表情を見せ、目が輝く。演技が終わると、「やった! やりきった!」という思いからだろう。顔の左側の口元と頬に力をギュッと入れ、強く鋭く凄みのある目で正面を見据えた。内にある闘争心と強さがその目に表われていた。

 一筋縄にはいかない展開と緊張感に包まれ、人々はハラハラドキドキする。アナウンサーが「伝説の4分半」と叫んだ演技で自己最高得点をたたき出すと、羽生選手は両手を高く上げガッツポーズをして、5位からの逆転優勝というドラマを見せた。

 優勝後のインタビューでは「最高の演技を見せられない日もある」と、一瞬、眉間に皺を寄せ、「悪い日もあって悲しい」と情けなさそうに笑いながら視線を落としてうつむいた。だが「ファンの皆さんがここで喜んでいただけたなら」と述べた時は、前を向いて目を細め嬉しそうに、顔をくしゃくしゃにして歯を見せて笑った。

 失敗、ケガ、ルール変更、ライバル…などスポーツ選手の前には、期せずして何らかの障害が待ち受けている。だが彼らは、人々の期待を裏切ることなく、それらを見事にクリアしていく。

 新横綱稀勢の里が負傷を押して逆転優勝した春場所の国技館には、割れんばかりの歓声が起こった。君が代を聞く稀勢の里が、ボロボロと涙をこぼし男泣きをした姿は、記憶に新しいスポーツ界のドラマだ。

 そしてドラマには葛藤がつきものだ。

 2014年の世界選手権中国杯。6分間の練習中、中国の選手と衝突してケガを負いながらも、包帯姿でリンクに立った羽生選手。演技が終わると誇らしげに満足そうな表情で顔を上げたがリンクを出た途端、コーチの腕に倒れ込む。得点が表示されると、不安や苦痛、プレッシャーという葛藤から解き放たれ、顔を覆って号泣していた。

 羽生選手は穏やかな柔和なイメージが強いが、表情が豊かで喜怒哀楽をはっきりと表す。だから見ているこちらは、彼が抱える葛藤と感情がわかって共感しやすい。ここに羽生選手のドラマ性があると思う。ファンは羽生選手の状況を理解するだけでなく、その表情や言葉から心にある苦しさ、辛さ、不安といった葛藤を身近に感じ、共感することで心を揺さぶられる。

 葛藤を感じるからこそ感情移入ができ、さらに惹きつけられていく。苦痛に顔を歪め、涙を流し弱さは見せるが弱音は吐かず、障害に立ち向かいクリアしていく姿に、人はますます魅了されていく。

 来季の平昌五輪での優勝を聞かれ「期待に応えるための金メダル」と答えた羽生選手。期待がプレッシャーになるのはわかっているが、やはり期待せずにはいられない。