強面プロレスラー似の金持ちと子作り…ってアリ?【シングルマザー妊活】

写真拡大

【シングルマザー社長の妊活記 Vol.12】

 バツイチシングルマザーの杉沢です。なんとか相手不在のまま第2子が欲しい! と願い続けて2年。なかなか進展がありません。

 振り返れば、20代の4年間、不倫にハマっていたために婚期を逃し、気付いたら三十路。焦って周りを見渡せば女友達はみんな結婚し、遊んでくれるのは独身の男友達だけでした。そこで慌てて飲み友達だった男友達と結婚した私でしたが、結婚の失敗も今の妊活の苦戦も、「自分は選ぶ側」だと勘違いしていたことが原因なのではないかと最近思うのです。

 結局、誰を口説こうか選ぶのは男性。女性は選ばれるために努力しないといけないんじゃないか? と、ようやく気付き始めております。

◆藤原組長似のおじさんに沖縄旅行に誘われて

 とはいえ、まだまだ種の候補になってくれる男性には会い続けます。今回のお相手も、昔からの知り合いです。

【スペック】
年齢:50歳
職業:外資系企業役員
推定年収 3000万円
結婚:バツ1(子供成人、孫有り)
外見:藤原組長(プロレスラー藤原喜明)似のコワモテ
性格:たいがいのワガママは聞いてくれる。「性格の良い女はつまらない」が口癖

 水商売時代のお客さんだったJさん。30代〜40代の頃に散々遊んだということで、今は大人しくしているそう。当時は、所有のクルーザーに乗せてもらったり、私の誕生日にはレストランを貸切にしてお祝いしてくれたり、ファーストクラスでハワイに連れて行ってくれたりと、かなりバブリーな経験をさせてもらいました。

 だからって今まで1度もセクシャルな関係になったことはないし、真剣に口説かれたこともないので、長く友人関係が続いているのかもしれません。今でもお食事はする仲です。

 そんなある日のデートで、沖縄に持っている別荘の話をしてくれました。

J「空港から近いし繁華街も近い。慶良間諸島まで行くフェリー乗り場も歩いていけるし、車もあるし来れば?」

 沖縄なんて娘が産まれてから1度も行けてないし、リゾート好きな私にとっては願ってもない事。

私「行く行く!! いつ行く??」

J「いつでもいいよ」

私「じゃ○日は?」

J「いいよ」

私「じゃあ飛行機取っておいて! あと、ちゅら海水族館も行きたいし、美味しいソーキ蕎麦も食べたい。サンセットが見えるテラスでBBQして、座間味か宮古にも行くから!!」

J「はいはい。調べとくね」

 今でもこんな風に私のわがままを聞いてくれるのです。もう一度言いますが、本当にセクシャルな見返りはいっさい期待しない男性なのです。

◆妊活史上最高の相手かも?「子供作らない?」とうっかり口説く

 そして沖縄旅行当日。那覇に到着すると、計算したかのようにちょうどサンセットの時間。予約をしておいたホテルのレストランへ直行し、娘を交えた3人でサンセットを見ながらBBQディナー。なんだかすごく楽しくて、幸せな気分。

 良い気分のままその後2軒飲み歩き、別荘へ帰宅。

 シャワーを浴びて娘を寝かしつけた後、リビングで2人で飲み直しました。お互いお酒もかなり入り、なんだかもうこのままどうなってもいいかなと思い始めた私は、いつもの調子で口説いてしまいました。

私「あのさー、結婚とかなんとかって話は置いといて、私と子供作る気ない?」

J「うん。いいよ」

私(え? あっさり?)

 そうでした。Jさんは何でも言うことを聞いてくれるんだった。妊活史上初めての、絶好の展開!

 と思ったのも束の間、ここで肝心の問題に気付かされるのです。

◆産まれてくる子供の顔が心配……

J「でも、産まれてくる子供が俺に似るかもしれないよ?」

私「ハッ!! そ、それは…私はいいけど…(でも困るかも……)」

 生まれてくる子が男の子だったらまだいいかもしれないけど、女の子で藤原組長似になってしまったら……。想像したら、やっぱり「いいよ!」とはなりませんでした。

 うん、ごめんなさい、もしそうなったら、まだ見ぬ子供に土下座したい気分。

 そうか……子供が私に似るとは限らないんだ。遺伝子は男性からも引き継ぐ可能性はあるのだ。かわいい子を産みたければ、やっぱりそれなりの相手を選ばなければいけないんだ。

 今回はせっかく「いいよ」ってお返事をもらったのに、結局、そういう仲にはなりませんでした。できることなら可愛く産んであげたいという親心が勝ってしまったのです。

<TEXT/杉沢志乃>

【杉沢志乃(すぎさわしの)】
35歳。東京生まれ。ナンバーワンホステス時代に独学で行政書士試験に合格。25歳で小説『キャバクラ嬢行政書士の事件簿』(ゴマブックス)を出版し、翌年『キャバギョ!』でDVD化。以後シリーズ3まで出版。映像メーカー広報部を経て、現在は女性向け映像メーカー「ラ・コビルナ」の代表取締役社長となる