キム・ミンジェ「俳優という道を選んだことに後悔はしていません」

写真拡大 (全2枚)

ファッションメディア「ELLE」は、韓国で放送終了したドラマ「浪漫ドクターキム・サブ」と「鬼」で、俳優としての存在感を見せたキム・ミンジェのグラビアとインタビューを公開した。

公開されたグラビアの中でキム・ミンジェは、マスタードカラーのトップスとワイドパンツから紫色のシャツまで、さまざまなカラーをこなし、完璧なカットでスタッフたちを感心させた。普段からバスケットボール、バドミントン、足球(足でやるバレーボールのようなスポーツ) などさまざまなスポーツを趣味として楽しんでいるためか、しっかりと鍛えられたボディラインで、カメラマンを感心させた。

ドラマ「2度目の二十歳」で女優チェ・ジウの息子役として出演し、ヨ・ジングやソン・ジュンギに似たルックスで話題を集めた彼は、グラビア撮影とインタビューを通して、純粋で率直な姿を見せた。

撮影後に続いたインタビューで、一番キム・ミンジェらしい姿は何かと聞くと、「今の自分は快楽主義者です。楽しさを求める人間です」と答え、彼の楽天的な性格を伺わせた。

厳しいアイドル練習生生活を終え、俳優という新たな道を選んだキム・ミンジェは、「演技という新たな道が開けたので、捨てたとかもったいないという風には思っていません。やればやるほどもっとドキドキして将来が楽しみな仕事です。絶対に後悔していません」とし、演技に対する彼の情熱を感じさせた。

信頼して見ることのできる俳優、必要な俳優になりたいキム・ミンジェのグラビアとインタビューは、「ELLE」4月号と公式ウェブサイトで確認することができる。