『ヴェロニカ・マーズ[ザ・ムービー]』

写真拡大

2004年から放送され瞬く間に大ヒットとなった女子高生探偵ヴェロニカの活躍を描いた『ヴェロニカ・マーズ』。シーズン3で終了後も、映画化までされた人気シリーズが、リブート版として復活する可能性があることが明らかになった。米Popsugarが報じている。

同作のクリエイター、ロブ・トーマス(『新ビバリーヒルズ青春白書』)は、『ヴェロニカ・マーズ』の放送終了から10周年を記念し開催されたFacebookライブセッションで、2014年の映画版『ヴェロニカ・マーズ [ザ・ムービー]』の続編はないことを述べた。しかし全6話のミニ・シリーズとして同作を復活させようと試行錯誤しているともコメントし、ファンを沸かせた。

ヴェロニカを演じたクリスティン・ベルとも復活版の話をしていることを明らかにしたが、問題は彼女のスケジュールだ。米NBCによるコメディ『The Good Place(原題)』や『アナと雪の女王』の続編『Frozen 2(原題)』、ミラ・クニス(『アシュトン・カッチャーの70's ショー』)と共演している映画『バッド・ママ』シリーズの続編の撮影やプロモーションと大忙し。すでに来年のスケジュールもいっぱいらしく、ミニ・シリーズ実現は彼女の予定次第のようだ。

クリスティンの出世作ともなった『ヴェロニカ・マーズ』で再びヴェロニカに会える日がいつ来るのか、楽しみに待っていたいものだ。(海外ドラマNAVI)