朝鮮中央通信は7日、北朝鮮代表が国連軍縮委員会で演説し「朝鮮半島で平和が維持されているのは我が国の核抑止力があるからだ」と述べたと伝えた。

同通信によれば、北朝鮮代表は3日に演説。「(米国の)戦略的核優位で世界を制覇し続けようとする時代錯誤の覇権主義が終息しない限り、核軍縮分野においていかなる進展も期待できない」と主張。

「朝鮮半島が米帝の横暴非道な核戦争挑発策動の中でも平和を維持することができたのは、わが共和国の確固たる平和守護意志と努力、強大な自衛的核抑止力があったから」としながら、今後も引き続き自衛的国防力と先制攻撃能力を強化していくと述べた。