キム・ナムギル「死亡演技専門家?それだけを選んで出演したわけではないが…」

写真拡大

俳優キム・ナムギルが“死亡演技専門家”という修飾語に対して言及した。

6日に韓国で放送されたケーブルチャンネルtvN「人生酒屋」には俳優キム・ナムギル、パク・ソンウンがゲストとして出演した。

キム・ナムギルは劇中、虚勢を張るシーン、恋人を助けに行くシーン、弟の銃に撃たれるシーンなどで死ぬ設定により、死亡演技専門家という修飾語を受けた。

キム・ナムギルは「死亡演技だけ選んで出演したのではないが、キャラクターに対する欲心があった。感情的に上手くまとまらないと、死んだ方が良いときもあった」と話した。

そして「以前には遺作に対してたくさん悩んだ。ヒース・レジャーやレスリー・チャンを思い出した。再評価されることに精魂を込めて、演技したかった」と付け加えた。