【詳細】「美女と野獣」♪ひそかな夢(プレミアム吹替版Ver.)はこちら

4月21日に、いよいよ全国ロードショーとなる映画『美女と野獣』。本作のためにあらたに書き下ろされた楽曲「ひそかな夢」を、プレミアム吹替版で“野獣”役を担当する山崎育三郎が歌い上げる、必見の本編映像が公開された。

映画『美女と野獣』は、アニメーション映画として史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされた名作『美女と野獣』(1991年)を、『ハリー・ポッター』シリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソン主演で実写映画化したディズニー最新作。同作は、3月17日に全米公開を迎え、オープニング3日間興行成績1億7千万ドルをたたき出し、『ハリー・ポッター』シリーズを超える記録的な成績で、2017年公開作品No.1の大ヒットスタートとなった。

今回解禁されたシーンで歌われる「ひそかな夢」は、ベルへの恋心を抱きながらも、彼女を愛するがゆえに自分の想いを抑え、父親の元へ返そうと決心をした野獣が、城から去ってゆく彼女の姿を見つめながら歌う、切ないバラード。

ビル・コンドン監督は、このシーンについて「野獣は彼女の姿を見続けようと、できる限り高いところに登ってゆきます。彼は、これでもう一生彼女の姿を見られなくなることを知っているからです。つまりここでは、塔を登ってゆきながら、同時に彼が心の底から歌うことが何よりも重要でした。アラン(・メンケン/作曲)とティム(・ライス/作詞)は間違いなくスペクタクルに満ちた歌を作り上げていますよ」と自信を覗かせている。

“本当に愛するがゆえに、ベルを自由にする”という野獣の複雑な思いを歌いあげるため、本作でも最も表現力が重要となる楽曲のひとつ「ひそかな夢」を、プレミアム吹替版では、山崎育三郎が日本のミュージカル界トップクラスともいわれる歌唱力と表現力で感情豊かに歌い上げている。

ベルを思って父のもとに帰しながらも、“愚かと知りながら、ひそかに夢見る”とベルへの捨てきれない想いを歌いあげる歌詞のひとつひとつに山崎の感情が注ぎ込まれ、観客の心を揺さぶる名シーンに仕上がった。

なお、明日4月9日放送予定のテレビ朝日『題名のない音楽会』では、公開を前に山崎育三郎が、ひと足早く「ひそかな夢」を披露。収録現場では、野獣の心に寄り添いながら歌っていた山崎が、感極まって涙してしまうひと幕も。必見だ。

(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.





映画情報



『美女と野獣』

4月21日(金)全国ロードショー

監督:ビル・コンドン

出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス

番組情報



テレビ朝日『題名のない音楽会』

04/09(日)09:00〜

※BS朝日でも04/16(日)23:00より放送予定

映画『美女と野獣』OFFICIAL WEBSITE

http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html

山崎育三郎 OFFICIAL WEBSITE

http://www.ken-on.co.jp/1936/