『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』ゲスト声優陣一覧
 - (C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2017 ピカチュウプロジェクト

写真拡大

 ポケモン映画20周年作品『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』のゲスト声優陣が発表され、毎年ポケモン映画に出演し続けている山寺宏一が今年も特別出演を果たし、20作連続出演を達成したことが明らかになった。山寺のほかゲスト声優陣には、11年連続出演の中川翔子をはじめ、新たに参戦する本郷奏多、佐藤栞里、古田新太が決定している。

 本作は20年前に放送を開始したテレビアニメ第1話のラストで、サトシとピカチュウが目にした伝説のポケモン・ホウオウを中心とする物語。ホウオウを目撃し、「いつか、一緒にあいつに会いに行こうぜ!」という約束を交わすふたり。その約束の続き、そして旅に出たサトシとピカチュウが本当のパートナーになるまでの成長物語が描かれる。

 今回山寺は、まだ誰も見たことのない新ポケモン「マーシャドー」役を担当。歴代アニメシリーズにも登場していない新たなキャラクターで、サトシが手にした虹色の羽根に呼応するように彼の影から姿を現す幻のポケモンだ。敵か味方かもわからない、まさに劇場版ならではのスパイスを加えることになる。山寺は「劇場版1作目からポケモン映画には出演させていただいておりますが、毎回新たな気持ちで臨ませてもらっています」と気合十分。また「ポケモンと同時に始まった『おはスタ』からは20年を前に卒業しましたが、ポケモン映画の20作目に携わることができてうれしく思います。色んな人たちの思いが詰まった記念すべき作品になると思いますので、ぜひ期待していただきたいと思います」と語っている。

 一方で中川は「懐かしさと新しさがギュッと詰まった今年のポケモン映画をたくさんの人に観てもらえるよう頑張ります!」と意気込み。彼女はポケモンを回復してくれるポケモンセンターのお姉さん「ジョーイ」役を務める。また新たに加わる本郷はポケモン博士を目指すトレーナーの少年・ソウジ、佐藤は男勝りなトレーナーの少女・マコト、古田は長年ホウオウ追い続けている研究者・ボンジイの声をそれぞれ演じるとのこと。

 彼らも「子供の頃から大好きなポケモン映画への出演オファーをいただけてメチャクチャうれしいです! しかも子供たちだけでなく、僕と同じようにポケモンに熱狂してきた世代の人たちも楽しむことができる、記念すべき20作目への出演ということで光栄です」(本郷)、「劇場版1作目を映画館に観に行ったのを覚えています。そのポケモン映画にゲスト声優として出演できるなんて夢のようです!」(佐藤)、「出演オファーをいただいた際は『ポケモンの役かな?』と思ったのですが、まさかの人間役でした。サトシたちの冒険を邪魔しないよう気を付けながら、ホウオウへと導くことができればと思います」(古田)と気を引き締めている様子を見せている。

 さらに今回オープニング曲も公表。テレビアニメ初代オープニング曲「めざせポケモンマスター」が時を経て生まれ変わった、「めざせポケモンマスター -20th Anniversary-」になるという。(編集部・井本早紀)

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は7月15日より全国公開