気になる男性とは、「LINEでもずっと話していたい」なんて思っちゃうものですよね。

でも、ダラダラと長話をしてしまうだけではなく、ちょっとしたテクニックを使うと、男性をドキッとさせることもできるでしょう。

そこで今回は、男心を揺さぶれる「LINEテクニック」を紹介します。

 

■「全て」は話さない

相談や悩みごとを持ちかけてみると、LINEで好きな男性に話しかけやすくなります。男性は女性から頼りにされるのが好きですし、自分の存在価値を感じられたりもするので、嫌な気持ちはしないはずです。

ただ、あえてLINE上では全てを話してしまわずに、打ち明けない部分も持っておくのはひとつの手です。「詳しくは今度会ったときに話します」なんて言われたら、男性はあなたのことがずっと気になってしまいますし、相談をきっかけにして2人きりで食事に行けたりもしちゃうかも。

 

■「画像」も入れ込む

LINEでずっと文字だけで会話をしていると、ちょっと素っ気なく見えちゃったりもするもの。そんなときは、会話の中に画像を入れ込んであげたりすると、インパクトも与えられますし、送る画像によっては男性をドキッとさせることもできるでしょう。

自分が可愛く写っている写真をさりげなく送ってみたり、ときには他の友人グループたちと遊んでいる写真を送ったりするのもいいかも。自分の知らない男性たちと楽しそうにしているあなたの姿を見たら、嫉妬心が芽生えたりもしやすいですよ。

 

■「行きたい場所」を伝える

気になる男性とLINEをしているときに、「あのレストラン、すごく気になるんだよね」とか「あそこの遊園地に行ってみたいんだ」などと、「行きたい場所」をさりげなく伝えてあげるのはオススメの方法です。

女性からこう言われたら、「じゃあ、一緒に行こうよ?」と男性も言いやすくなります。すかさず「ホントに?いつ?いつ行く?」なんて食いついてあげたりしたら、「可愛らしい子だな」とも思ってもらえるかもしれませんよ。

 

■「寝たフリ」をしてみる

夜中にLINEで会話をしているとき、あえて「寝たフリ」をしてみるのはひとつの手です。急に返事が来なくなると、男性もかなり気になってしまいますし、ずっとあなたのことを考えながらその日は眠りにつくことになるでしょう。

翌朝に「昨日寝ちゃっていた、ごめん!」と謝罪のメッセージを送れば、それをきっかけに翌日も会話ができちゃいます。何度も使える方法ではありませんが、あなたのことを強く印象づけたり、日にちをまたいで会話できたりと、大きなインパクトを残せるテクニックではあるでしょう。

 

駆け引きはあまりやりすぎてしまうと逆効果になってしまうこともあります。あくまでも適度にさりげなく、たまに試してみるといった程度で、男心を揺さぶるのがベストですよ。

【画像】

※ Zisidis Nikos/shutterstock

【関連記事】

※ お泊りデートで生理に…!そんな時、彼氏にしてあげられるコト

※ だーいすき♡彼と「いつまでもラブラブ」でいるためにすべき工夫

※ 元カレの名前をうっかり…アラサー女がやらかした「エッチ中の失言」

※ 愛されている証。男が「周りに自慢したくなる」彼女の特徴

※ 映画のワンシーンのよう!男が密かに憧れるキスのシチュエーション5選

※ ずっとラブラブ♡「愛され彼女」が意識しているモテ行動4つ