加藤綾子が「アナザースカイ」でスイスを訪れた

写真拡大

4月7日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)に、フリーアナウンサーの加藤綾子が出演。思い出の地・スイスを訪れた。

【写真を見る】「しゃべくり007」で日本テレビ初出演を果たした加藤綾子がコメントを発表

加藤が最初にスイスを旅したのは2009年。アナウンサーとしてフジテレビに入社した2年目の夏休みに、家族旅行でスイスを回った。その旅行が「家族みんなで初めて行く海外だったんですよ」という加藤は振り返る。

入社1年目の2008年10月からトークバラエティー「カトパン」(フジテレビ系)を担当し、人気アナへの第1歩を踏み出した加藤。だが同じタイミングで、学生時代の写真を基にした“流出記事”が週刊誌などに掲載されてしまう。

「(学生時代に)ちょっと派手な格好をしていたこととか出た時に『表に出るっていうのはこういうことなんだ』」と加藤は実感したという。

その当時は「私だけだったらいいけど、(本当は真面目な)両親のしつけのことを言われてしまったらどうしよう」と悩み、アナウンサーを辞めたいとも思ったと告白する。

しかしその時、加藤は悩んだ末に「今ここで辞めたら『あぁ、いたよね』『入ってきてすぐに辞めた子いたよね』っていう印象で終わる」と気付く。「ここから頑張れば、いくらでも(印象や生き方を)変えられるなって思ったんですよ」と思い直し、アナウンサーを続ける決心をしたという。

次回の「アナザースカイ」は、4月14日金)放送。漫画家のヤマザキマリがフランス・パリを訪れる。