大人になって全ての歯が出揃ったと思ったら、知らぬ間に生えていた新しい奥歯。これはまぎれもなく親知らず。でも回りには、全然生えない人もいます。親知らずが生える人と生えない人、両者には一体どのような違いがあるのでしょうか。親知らずとはどんな歯なのかについても復習しておきましょう。

そもそも親知らずってどんな歯なの?

わたしたちは中学生を過ぎた頃には、既に永久歯が生え揃っています。ちょうどこのあたりにあごの奥に生え始めるのが親知らずだといわれています。ちなみに現代人の正常な歯の本数は28本と言われていますが、進化前の人類は固いものを食べる機会が多く、顎や歯が発達していたため、親知らずを含む、全32本もの歯を有していたとか。一方で現代人は固いものを食べる機会が減ったため、今のように顎や歯の数も退化したのではないかといわれています。つまり以前は誰しも親知らずが生えていた可能性もあるというわけです。

親知らずが生える人と生えない人の違い

親知らずが生えない人は主に、生えているけど見えていない人、完全に生えていない人の2つに分類されるそう。生えているけど見えていない人とは、顎の奥に親知らずが存在しているのに、それが歯茎の上にまで露出していない状態。そして、完全に生えていない人は、顎や歯の退化度合いによって、親知らず自体生えてこない人のことを指します。親知らずが生える人と生えない人の違いは、遺伝にや、成長過程で身体が親知らずを必要ないと判断した結果と考えられているようです。

親知らずによる口内への悪影響に注意

親知らずが生えても何ら問題ない方もいますが、親知らずがいろ口腔内トラブルを招くケースも多いのです。親知らずは顎のスペースの関係で、おかしな向きに生えてくることがほとんど。こうなると歯列を圧迫して歯並びを悪くしたり、不衛生になりがちで虫歯や歯周病を招くことも多々あります。そのため親知らずに伴うトラブルは、抜歯というかたちで対応することが多くなるのです。あなたも生えてきた親知らずにトラブルを感じているなら、一度歯科医院で診断してもらうことをおすすめします。抜く必要がある親しらずとそうでない親知らずがありますが、前者の場合、対応しておくことで口腔内が清潔に保てます。


writer:サプリ編集部