国土交通省では、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年「燃費の良い乗用車のベスト10」と、「自動車燃費一覧」を公表しています。

1

同省が今回発表した普通車・小型車のベスト10では、JC08モード燃費が40.8km/Lとダントツ首位のトヨタ「プリウス」を筆頭に、2位には日産「ノート」(37.2km/L)が食い込んでいます。

3位はトヨタ「アクア」(37.0km/L)、4位にはホンダ「フィット」(36.4km/L)、5位、6位にはその派生モデルである「グレイス」(34.4km/L)と「シャトル」(34.0km/L)がランクインしました。

7・8位にはトヨタ「カローラ アクシオ」と「カローラ フィールダー」(共に33.8km/L)、9位にスズキ「ソリオ」(32.0km/L)、10位にホンダ「アコード」(31.6km/L)がランクインしています。

このように、ベスト10入りした車両は全てモーターを搭載したハイブリッド車となっており、中でも小排気量エンジン(1.2L)を発電専用に搭載、モーターで走行する擬似EV的な日産「ノート」の低燃費ぶりが目を引きます。

同社が「e-POWER」と称するこの技術は一般的に「レンジエクステンダー式ハイブリッドシステム」と呼ばれ、エンジンの小排気量化に加え、低回転域を使用するため、走行時の静粛性向上に寄与することから、今後「ピュアEV」と共に、電動車の中で一定のポジションを築くことになりそうです。

Avanti Yasunori・画像:日産自動車、国土交通省)

【関連記事】

「R35型」日産GT-R、デビュー後10年の深化を読み解く!
http://clicccar.com/2017/04/03/459628/

日産が「レベル3」の自動運転車を公開!
http://clicccar.com/2017/04/01/459163/

EVの充電が10分程度に!? 急速充電器が年内に大幅進化!
http://clicccar.com/2017/03/29/458309/

日産が超小型EVによる「チョイモビ ヨコハマ」を新方式で再開!
http://clicccar.com/2017/03/27/457724/

日産が新型「リーフ」の9月デビューを急遽発表した理由は?
http://clicccar.com/2017/03/23/456459/

【関連リンク】

国土交通省
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha10_hh_000180.html
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr10_000031.html

国交省の低燃費車ランキングで日産「ノート」が2位に!(http://clicccar.com/2017/04/08/461265/)