テイラー・スウィフト、自宅が正式に歴史的なランドマークに

写真拡大

歌手のテイラー・スウィフトのビバリーヒルズの自宅が、正式に歴史的なランドマークとなったことが分かった。

テイラーは今年1月、ビバリーヒルズ市に自宅をランドマークに指定するように申請。テイラーはハリウッドのプロデューサーのサミュエル・ゴールドウィンが所有していたこの豪邸を2015年に2500万ドル(約27億5000万円)で購入していた。この家は1934年に建てられたもので、テニスコートやプール、図書館やカードルーム、ホームシアターなどが設置されている。

そして、現地時間4日にビバリーヒルズ市によって、正式にランドマークと認められたことが分かった。不動産サイト「マンション・グローバル」によると、ビバリーヒルズの市長は「これは本当のコミュニティーの宝だと思っていますし、これがランドマークとなり、保存されることにとてもワクワクしています」とコメントしている。