こんなチアダンス部がいたら最高……!
 - (C) 2017 映画「チア☆ダン」製作委員会

写真拡大

 広瀬すず、中条あやみ、山崎紘菜ら人気若手女優が集結した青春映画『チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(上映中)のダンスシーンがすごいとネット上で話題になっている。

 本作は、2009年に福井県の高校チアリーダー部がアメリカのチアダンスの大会で優勝した実話に基づくスポ根ムービー。ヒロインひかり(広瀬)が思いを寄せるサッカー部の孝介(真剣佑)を応援したいという思いからチアダンス部に飛び込み、アメリカ大会制覇の野望に燃える鬼顧問・薫(天海祐希)のスパルタ指導に悪戦苦闘しながら成長していく。

 部長で才色兼備な彩乃(中条)、コミュニケーションが苦手だがヒップホップが得意な唯(山崎)、太めなルックスとは裏腹にキレキレな動きを見せる多恵子(富田望生)らダンスの才能に恵まれた面々の中で、一人置いてきぼりになるひかりの焦り&孤独、チームワークを優先するなかで浮上するポジションの問題……。団体競技ならではの試練に立ち向かっていく部員たちの奮闘もさることながら、部員たちがキュート&セクシーなコスプレで臨む大会の競技シーンが見ものだ。

 広瀬をはじめ中条も山崎もダンス初心者。練習はクランクイン半年前から開始され、役柄と同様、体が硬かった広瀬は仕事の合間や自宅で柔軟体操やダンスレッスンに取り組み1日に6時間練習することもあったという。その成果が実ったのか、ネット上では「ダンスのとこは全て迫力あってすごかった!」「ダンスめっちゃ上手い」「全米大会の最後のフルの踊りは鳥肌がやばかった」など大会ごとに上達していく彼女たちのダンスに魅せられたファンの声でにぎわっており、「結末がわかっているのに感動する」「前向きになれる」と励まされた鑑賞者も多い。

 また、チアリーダー部「JETS」で広瀬が大会で着用するさまざまなタイプのユニフォームも眼福。赤・白・青のトリコロールカラー、ピンク・白・赤・茶の暖色系、黄・白・青・水色の寒色系、白黒のモノトーンなど色鮮やか。いずれも体にピッタリフィットしたコスチュームで、中でもおなかまわりが大胆に空きおへそがばっちり見えるセパレートタイプのデザインにはドキッとさせられる。(編集部・石井百合子)