iPhoneを使う際、パスコードの入力を面倒に感じたことはないでしょうか。Touch IDを使っていても場合によっては指紋が読み取れず、パスコードを入力する羽目に・・・。

では、iPhoneのパスコードをオフ・無効にすれば万事問題はないのでしょうか。検証してみました。

こちらもご覧ください。
【iOS 10】ロック解除のイライラを解決する方法

iPhoneのパスコードをオフ・無効にする方法

iPhoneのパスコードはオフにできます。オフにすれば、ロックを解除するためにパスコードを入力したり、指紋を読み取らせたりする必要がなくなります。

設定アプリの【Touch IDとパスコード】を開きます。


【パスコードをオフにする】をタップ。いま設定しているパスコードを入力すれば、iPhoneのパスコードをオフにできます。


パスコードをオフにしたらiPhoneはどうなるのか

良い点

ロック画面を表示したら、iPhoneのホームボタンを押すだけでロックを解除できます。

悪い点

誰でもiPhoneのデータを閲覧できるので、目の届かない場所に置いたとき・紛失したときに情報が見られる・流出する恐れがあります。

パスコードが設定されていないと、誰でもiTunesを使ってiPhoneのバックアップを作成できるので、短時間でもiPhoneのデータを丸ごと盗まれてしまうかもしれません。

パスコードをオフにしたまま、Touch IDだけを設定することはできません。

Apple Payに登録したクレジットカードを使って支払う場合、Touch IDかパスコードによる認証が必要なので、パスコードをオフにするとApple Payは使えなくなります。

App StoreやiTunes Storeで購入する際、Touch IDによる認証は使えないので、購入の際にApple IDのパスワードを入力する必要があります。

4桁のパスコードは最低限設定しよう

これまでご紹介したようにロック解除は簡単になりますが、iPhoneのデータは危険に晒されます。パスコードをオフにしたまま使うことはお勧めできません。

6桁のパスコードが面倒という場合には、パスコードをオフにするのではなく、少なくとも4桁のパスコードを設定しましょう。

桁数を減らせばパターンの数も減るので、6桁のパスコードよりはセキュリティが弱まります。しかし、何も設定しない状態と比べれば雲泥の差です。

設定アプリの【Touch IDとパスコード】を開きます。


【パスコードを変更】をタップ。


新しいパスコードを設定する画面で【パスコードオプション】をタップします。


【4桁の数字コード】をタップ。


これでパスコードが4桁になります。