初日出遅れから巻き返しをスタートしている松山英樹(撮影:GettyImages)

写真拡大

<マスターズ 2日目◇7日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>
ジョージア州にあるオーガスタナショナルGCで開催されている、米国男子メジャー「マスターズ」の2日目。4オーバー54位タイからスタートした松山英樹は、前半で1つスコアを伸ばすと10番でもバーディを奪ってトータル2オーバーとして終盤のプレーに入った。
圧巻!パトロンで埋まったアーメンコーナーを360度カメラで見る!
松山は3番で約74ヤードのセカンドを1.5メートルにつけてバーディ先行。5番は約187ヤードをピンに絡めてバーディとした。しかし、7番でトラブル。ティショットを右に曲げると、林の中から低い球で狙ったボールが木に当たって再び林へ。3打目はグリーン奥のバンカーに入って寄らず入らずのダブルボギーとした。それでも続く8番パー5でバーディを奪って1つスコアを伸ばしてハーフターンした。
10番ではセカンドを約3メートルにつけてバーディとすると、12番パー3ではティショットをグリーン左奥に外すも約5メートルのパーパットをねじ込んだ。13番パー5は約2メートルのバーディパットを決めきれなかったが、楽しみな位置でアーメンコーナーを突破した。
初日日本勢最高となる2オーバー26位タイにつけた池田勇太は2バーディ・7ボギーの“77”とスコアを5つ落とし、トータル7オーバーで競技を終了。4オーバーから出た谷原秀人はトータル12オーバーまでスコアを落としてフィニッシュしている。現時点で首位はトータル4アンダーでホールアウトしたチャーリー・ホフマン(米国)とセルヒオ・ガルシア(スペイン)がつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

マスターズリアルタイム速報 リーダーボード配信中!LIVE!!!
松山英樹の1打速報配信!ショット軌跡とテキストで速報 2日目
松山英樹の初Vに黄信号 近代マスターズは初日10位以内が優勝の条件?
神の子もアラフォーです…ガルシア、出場74回目で悲願初メジャー制覇なるか
天国に捧げるニクラスのショット! 感動の式典に男泣き【編集T初めてのマスターズ#5】