コツさえ知れば大丈夫!遠距離恋愛で彼と長続きするには?

写真拡大



よく遠距離恋愛は続かないと言われますが、コツさえ知っていればちゃんと続くもの。今回は、そんな遠距離恋愛の経験がある男子から聞いた長続きのコツをご紹介します。

■1.忙しくてもなるべく毎日連絡する

「年度始めは何かと忙しいけど、できるだけこまめにLINEしたり、寝る前に5分だけ電話したりと接触の回数を増やして離れてない感を作る」(28歳/証券)

普段会えない、連絡も少ない……では「これって付き合っているって言えるの?」と不安になってしまいますよね…。遠距離恋愛を続けるには連絡をこまめに取り合って、心だけでもつながっている状態をつくることが大事なようです。

■2.会ったときは全力で甘える

「普段会えない分、会ったときは全力で甘える。デート後、駅でバイバイするときは『また数週間会えないなぁ。もっと一緒にいたいなぁ』と寂しいけど、『次会うまで仕事頑張ろう!で、また癒してもらおう!』とも思えるから、デート中は全力で甘えたほうがいい」(30歳/営業)

「今週末は彼とデートだ♡」と思えば数日前からドキドキですよね! デート当日は我慢していたぶん、思いっきり彼に甘えて愛情表現をしっかりしましょう。そうすれば次会うまでのエネルギーも充電できるはず。お互い次に会うまでを楽しみに待っていられるよう、全力で甘えちゃいましょうね!

■3.交通費のために節約する

「なんやかんやで遠距離恋愛は交通費がかさむ。なるべくお互いお金がかからないように工夫が必要だし、日頃節約して貯金しようと思うようになった。遠距離恋愛を一回経験してお金に対する価値観変わったかも」(29歳/公務員)

遠距離恋愛は精神的に離れてしまって別れることもあれば、金銭的に無理が生じて続かないこともありますよね…。電車でちょっとの距離ならまだいいですが、新幹線や飛行機で何時間もかかる場所、となれば交通費もかさみます。「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉もあるので、なるべくお金を使わないような工夫も大事。

■4.不安な気持ちは隠さない

「会えなくて寂しい気持ちが積もると『このまま付き合い続けててもいいのかな…』と不安になる。たぶんお互い一回くらいはそう思うんじゃない?でもそんなときケンカしたくないからと我慢するのは良くないと思う。いずれ大爆発起こすからちょこちょこ寂しい気持ちは伝えたほうがいい」(30歳/広告)

会えないと、お互い不安になって当然ですよね。「この不安な気持ちを言ったら不機嫌になっちゃうかな…」とか「ウジウジしてると知ったら重いと思われるんじゃ…」と不安になる子もいるでしょうが、遠距離恋愛だからこそしっかり気持ちは伝えましょう。じゃないと余計に精神的にきつくなります。

■5.結婚の予定を立てるのもよし

「付き合ってある程度月日が経っているのなら、遠距離恋愛を機に真剣に結婚の話をしてみるのもアリだと思う。先の見えない、あまり会えない寂しい恋愛を続けるよりも、目標があったほうが不安も少ない」(33歳/公務員)

お互いもういい歳だし、付き合って長いし…そろそろ結婚しようか! という流れに持っていくのもいいですよね。将来の見えない遠距離恋愛は不安でしょうがないです。うまく結婚するためのきっかけにしちゃいましょう。

■おわりに

この春から遠距離恋愛になったという女子もいるでしょうが、コツさえ知っていれば意外に関係が長続きしたりします。ぜひ彼とずっと幸せでいてくださいね♡(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)(河西歩果/モデル)(泉三郎/カメラマン)