【詳細】他の写真はこちら

見た目は普通。でも実は……?

デジタルガジェットの広まりとともに鞄も進化し続けている昨今。バックパックにも当たり前のようにラップトップPCの収納部分があったりしますよね。でも「それくらいじゃまだまだ物足りないぜ!」というデジタル世代に向け、全力でデジタルガジェットを使いこなすためのバックパック『Lifepack』が販売中です。

一見普通のバックパックですが、背面部分に「Solarbank」と呼ばれる装置を搭載。これにはソーラー発電、モバイルバッテリー、スピーカーでの音楽再生といった機能がひとつにまとまっています。バッグとしては仕事用とプライベート用の荷物を分けて収納でき、ロックやレインカバーによって中身の荷物を守ることができるのも特徴です。

1台3役な「Solarbank」を搭載





バックパックの背面に搭載された「Solarbank」。これはスマートフォンを6回充電でき、なおかつ96時間もの音楽再生ができるという多機能デバイス。陽の光に4時間ほどさらしておけば、スマートフォン1台分の充電、あるいは8時間の音楽再生が可能な電力を確保できるとされています。バッテリーがカラッカラの状態で外出しても、外を歩き回っていればスマートフォンを充電できるというのはうれしいですね。

使いやすい機能が満載





右側のポケットにはUSBコネクタを内蔵。このコネクタは「Solarbank」に接続されていて、ポケットの中でスマートフォンやWi-Fiルーターを充電できます。旅行での移動中には、このポケットが役立ちそうです。



またスピーカーとして使うときは、スマートフォンと「Solarbank」をBluetoothかケーブルで接続。音楽アプリでも音楽ストリーミングアプリでも、好きな音楽を流すことができます。



そして仕事道具の収納部には最大で15.6インチのラップトップPCを、プライベート用の収納部にはさまざまな小物を収納可能。どちらの開口部も付属のロックでしっかり施錠可能です。



スーツケースなどでははおなじみのロック機構ですけれど、高価なラップトップを収納するバックパックに採用されているのは珍しいのでは? やっぱり安心感が違います。なお、底面部分にはレインカバーが納められていますし、バックパックの素材自体も耐水性です。

デジタルガジェット対応バックパックの決定版か





『Lifepack』は公式サイトにて、269ドル(約3万円)で販売中。本体色はステルス・ブラックとチタニウム・グレーの2色です。スマートフォンやタブレット、ラップトップPCをアクティブに持ち運ぶ人にとって、きっと便利なお役立ちバッグとなることでしょう。

文/塚本直樹

関連サイト



『Lifepack』製品ページ

関連記事



バックパックがウエストバッグに。便利すぎる2Wayカメラバッグが誕生

GoProから自転車用ウインカーまで! なんでもバックパックに装着する時代へ

【CP+レポート】超便利カメラバッグ、カールツァイスVR、変わり種レンズetc… 気になる新作グッズまとめ