【詳細】他の写真はこちら

ある意味、究極の調理器具なのでは?

アウトドア料理の定番といえば、なんといってもバーベキュー! でも炭や着火剤を用意したり、使い終わった後の焦げ付いたコンロの掃除をするのは一苦労。なにより火の始末が大変です。

そんな従来の野外調理とは一線を画する、太陽熱だけを使ったあっと驚く調理法を実現したのが『GOSUN GRILL』。実はこちら、すでに海外では一般販売されている商品だったりします。



使い方はとにかく簡単で、日光を集めるパネルを広げて内部を温め、食材と調味料を筒の中に入れるだけ。これで最大8人分の料理を一気に用意することができるんですって。焼く以外にも煮る、蒸す、揚げるといった調理法に活用できますし、火の管理がいらないから、子どもたちに調理を手伝ってもらうのもよさそうです。

肉から野菜、そしてパンまで調理できる







肉や野菜を焼くことができるのはもちろん、スープを作ったりなんとパン焼きまで幅広い調理ができるのは驚き。内部はトレーで分割されているので、複数の料理を同時に調理することだって可能。こちらにレシピの一例が公開されているのですが、どの料理もなかなか美味しそうですね。

将来はソーラー充電ユニット搭載バージョンへのアップグレードも





太陽光に当てて放置するだけで美味しい料理ができる本製品ですが、唯一の欠点は「夜間に調理ができない」ということ。そこで、ゆくゆくは昼間にソーラー発電した電力で夜間に調理ができる新バージョンへのアップグレードも予定しているのだそうですよ。具体的なアップグレード価格などはまだ案内されていませんが、2017年後半にはソーラー充電できるバージョンが登場する見込みとなっています。

新たなアウトドアの定番になれるか?





火を使わずに料理ができる『GOSUN GRILL』。現在は公式サイトにて799ドル(約8万9000円)で販売されています。こんな便利で快適なグリルがあったら、もう従来のキャンプ用グリルは出番がなくなってしまうかも?

文/塚本直樹

関連サイト



『GOSUN GRILL』製品ページ

関連記事



どう使うの? 鍋に入れちゃうまさかの調理器具『Anova Precision Cooker』

これが未来の調理か。食品3Dプリンター『FOODINI』の料理がおいしそう!?

朝食からセレブになりたい! 美しすぎるトースター&朝食調理家電たち