春は出会いの季節です。職場で新しいメンバーとともに仕事を始める方も多いのではないでしょうか? 円滑な仕事をする上では、職場の人間関係が良好であるにこしたことはありませんよね。とくに、同性の仲間とは、いがみあうこともなく楽しく仕事をしたいものです。今日は、女性からホレられる人の共通点についてお話します!

人の話をちゃんと聞く

人が話しているときに、割りこみをしないで相手が言いたいことをじっと聞いている人は、性別関係なくモテますよね。人の話を聞いていると、どうしても口をはさみたくなるのですが、それをぐっとこらえて人の思いを聞き入れるというのは思いやりがないとできないことです。

自分のスタンスを曲げず、間違っているものは指摘する

女性からホレられたいのであれば、八方美人をやめることです。人には、多かれ少なかれ八方美人なところがあります。他人に嫌われたくはないですからね。しかしこれは、処世術としてはいいのでしょうが、広い目で見るとその場しのぎにしかならないことに気づくと思います。
筆者の経験談ですが、職場にお局さまがおりまして、その人はひいき目に見ても、仕事を積極的にする人ではありませんでした。もちろん、そのしわ寄せはほかの同僚にいきます。でも、それをほかのみんなは「○○さんだから、しかたない」と許していたのです。そんななか、「なぜ、やるべき仕事をしないのか! あなたがやらないから、みんなが帰れない。あなたは間違っているのではないか」と真っ向勝負をしている女性がいました。かっこいいなとほれぼれしたのを今でも覚えています。

仲間を信頼して堂々と仕事をする

自社のサービスや仲間の仕事ぶりを信じ堂々としている人は、一緒に仕事をしていいて気持ちがいいですしまわりの人たちのモチベーションアップにもつながります。以前、筆者がサービス関係の仕事をしていたとき、部長がとある社員を叱っていたことがありました。そのときに、その社員のSVに当たる女性の上司が「うちの○○が、そんなことをやるわけがないでしょう!」ときっぱりと言い放ち、部長を黙らせたことがありました。
後日、それは誤解だということになり、部長は平謝りをしていました。盲目ではなくそう言い切れるのは、勇気がないとできません。冷静な判断を持ちながら仲間を信頼できる女性は、確実にまわりから支持されるようになるのです。

素を出すときは出してリラックスできる

いつもガチガチな仕事モードでいたら、さすがに肩が凝ってしまいますよね。仕事がひとやま越えたあとの飲み会だったりで、ほろ酔いして悪ふざけをしてみたり、大声で笑ってみたり、そんな素の自分を惜しげもなく出せる女性は、その飾らなさに人望が集まるようです。

いかがでしたでしょうか?
「裏表がないひとはモテる」とカンタンにはいいますけど、その裏表のない態度をとり続けるのはなかなか難しいものです。人ですから、どうしても好き嫌いもでますし、コンディションが悪いときは人当たりが悪くなってしまうもの。困ってしまうことに、そんなときに限って人に見られているものなのですよね。筆者も身を引き締めて自分のあり方を見つめなおそうと思います。