Girl′s Day、デビュー時の複雑な心境告白「2NE1のことを考えながら契約したが…」

写真拡大

Girl's Dayが2NE1を夢見て会社と契約したというエピソードを語り、注目を浴びた。

6日午後に放送されたMnetバラエティ番組「新ヤンナムジャショー」にはGirl's Dayが出演し、色々なエピソードを聞かせてくれた。

この日、ミナは「以前通ってたボーカルスクールの代表が今の事務所の代表だ。学院に学生が2000人ほどいたが、その中で私だけ成功したとおっしゃった」と話した。

続けてデビュー曲「Tilt My Head」についての話が出るとソジンは「2NE1のことを考えながら契約した。ガールクラッシュ(女性から見てもカッコいい女性) の魅力をお見せすることになると思った」とし「服を着る度に悲しかった」と話した。

また、ミナは「当時、デビューフラッシュモブ動画が話題になって私たちのデビューを待っている方々がおられた。ところが『Tilt My Head』を披露することになった。デビューする日、不安だった」と付け加えた。