森保監督、今季初勝利に安堵の表情「やっと勝利をお届けできて良かったです」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第6節が7日に行われ、ガンバ大阪とサンフレッチェ広島が対戦した。

 前半をスコアレスで折り返すと、52分に工藤壮人のヘディングシュートが決まり、アウェイの広島がリーグ戦今季初勝利を収めた。

 試合後、広島を率いる森保一監督がインタビューに応じている。

 今季リーグ戦初勝利を受け「選手が本当によく頑張ってくれて、スタッフも日々勝つために頑張ってくれて、やっと結果が出て良かったと思います。サポーターの皆さんにも、やっと勝利をお届けできて良かったです」と笑みを見せた。

 ここまでリーグ戦では計2得点と得点力不足に苦しんでいたが、「シュート数はリーグの中でもトップの方ですし、続けていけば必ず入ると思っていた」と明かし、「これを機にまた続けていければいいと思います」とコメントした。

「今日勝てたことは良かったですけど、これがこの先を保証してくれるものではないので、気を引き締めて次に向けて最善の準備をしたいと思います」と今後に向けて抱負を語っている。